CompizなしでCairo Dockを使う

先日のエントリーで、「GNOME Do」でテーマを利用するには基本的にCompizを有効にして透過処理が出来る状態じゃないといけないので、Compizを有効に出来ない場合には、他の”まじない”をしてみるといいかもしれないということを書きましたが、この”まじない”は「Cairo Dock」でもご利益がありました。

「Cairo Dock」はCompizを有効にしていない状態でも使えることは使えますが、その時にはドックの背景が黒くなり見た目によろしくないので、実質使い物になりません。

そんな時に、GNOMEの標準ウィンドウマネージャ(?)である”Metacity”のコンポージング機能を有効にして、背景透過処理が出来るようにしましょうというものです。この時、透過処理の他に、ウィンドウの影も表示されるようになります。

そこで”おなじない”

gconftool-2 -s '/apps/metacity/general/compositing_manager' --type bool true

端末で入力すればOKです。
OFFにするには、

gconftool-2 -s '/apps/metacity/general/compositing_manager' --type bool false

Metacity Compositing Effects in Ubuntu 8.10 | Tombuntu

で、この”まじない”はGUIからも設定可能です。

アプリケーション→システムツール→設定エディタ(メニューに設定エディタが表示されていない場合は、システム→設定→メインメニューにある「システムツール」をから追加)。

あるいは、ALT+F2でアプリケーションの実効を開いて「gconf-editor」を入力。

設定エディタが開いたら、”/apps/metacity/general”と辿ってcompositing_manager”にチェック入れる。

これで「Compiz」なしでも「Cairo Dock」も「GNOME Do + Docky」も一応使えるようになります。ただし、「Cairo Dock」では、”icon effects”などの一部のプラグインが利用できません。

大抵は「Compiz」が使えるでしょうから、こんなイレギュラーなことをする必要はないと思いますが、「Compiz」のグリグリは入らないけどドックは使いたい(そんな人いるかな?)場合には「Cairo Dock」のメモリ消費も3MB程度と少ないのでお試しください。

ちなみに「GNOME Do + Docky」よりもノーマルの「GNOME Do」の方がプラグインを活用する場合には使い勝手がいいと思います。

“CompizなしでCairo Dockを使う” への1件の返信

  1. ピンバック: Oh!Happy.ORG Blog » Ubuntu9のデスクトップをMac風に変更

コメントは受け付けていません。