「Vista」と「Me」でエクセルデータの移し替えを頼まれた

「Me Excel2000」→「Vista Excel2007」なら旧バージョンも扱えるから、単純に移動してやればいいわけですが(あとでxlsxにしないといけないとかは置いといて)、逆となるとちょいと面倒。

しかも、ネットワークを組んでいない環境で相互に移動をしてくれとのこと・・・。

一度移動してしまえば、あとは移動することがないってことで、共有設定とかするのは面倒だったので、データ量も150MB程度と少なかったのでUSBメモリを介して移動してやることにしました。

さて、普段OpenOfficeとGoogleスプレッドシートなボクは、MS Officeのファイル形式のことをすっかり忘れて、「Vista Excel2007」のデータをUSBメモリに入れて、「Me」でUSUBメモリを開いたときに「Excelのファイルアイコンが表示されない」ことに気がつくのでありました・・・。

選択肢は2つ(すぐに思いついたのが)。

  1. 「Me Excel2000」にコンバータを入れる。
    ダウンロードの詳細 : Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
  2. 「Vista Excel2007」で[Excel 97-2003 ブック]でUSBメモリに保存し直してから移動する。

1の場合、コンバーターがどれ程の精度なのか、使い勝手がどうなのか、自分で使ってないのでまったくの未知だし、使い手さんもあまりPCに詳しくない(ないから頼まれたんだけど)から、コンバータの利用はちと不安と思っていたら、コンバータのサポートされているOSに「Me」がないことを発見。時代を感じた。

迷わず2を選択。移動するファイルの数が少なかったというのも、この方法でいけると思った理由だった。せっせと保存形式を変えてUSBメモリに、何個か内容のすべてを変えられないものもあったが、そういうものは後で対応することにして、どうにか移動を完了。

あらためてデータのやりとりには気をつかうなぁと実感させられました。個人的には、共同で編集が必要なものはGoogleドキュメントで(アカウント無かったらムリにでも取らせてますw)、メールに添付するものはPDFにするようにしています。まぁこっちがLinuxというマイノリティなので気をつかうのが当たり前なんですけどね。