「WordPress.com Stats Helper」を入れてみた

テーマの変更に伴って、利用しているプラグインを停止したり変更してみました。

利用を停止した一つがPopularity Contestでした。考えてみれば、これもアクセス解析のようなもので、アクセス解析自体には、TaM Google AnalyticsとWordPress.com Statsを利用しているので、特に必要ないかなと。Popularity Contest自体あまり活用していませんでしたし。

ただ、サイトのお飾りに「人気のある投稿」なんてのを表示させておこうかなと思って導入したのが、Wordpress.com Stats Helperです。

このプラグインを使うとウィジェットで簡単にサイドバーなのどに人気記事を表示させられるので便利です。

「Time Interval」のところで「All」「Today」「Last Week」「Last Month」を選択することができます。また、「Show」のところでは、「記事とページ」「記事のみ」「ページのみ」と選択すことが出来ます。

ウチでは画像のように、「全期間の記事を15」表示させることにしました(一番右下にあります)。

「40文字でカット」をオンにすると、おそらくマルチバイトの関係だと思いますが、最後のところが文字化けします。

このウィジェットの他に

こんなのもありますが、もうちょっと簡素なタイプでしょうか?

WordPress.com Statsを利用しだしたのが、そんなに期間が経ってないので、まだ、統計的に怪しいところがありますが、Popularity Contestよりも、アテになりそうな感じです。

アクセス解析のプラグインの話になったので、先日のHead Cleanerについても少々。現在のバージョンは0.5.4でものすごい勢いで更新されます。この更新は各ブラウザへの対応というところが今のところはメインのようで、今後、管理画面から設定が出来るようになったりするようです。そのうち各種プラグインとの相性なんかが出てくることでしょう。

で、Head Cleanerをアクティブにすると、やっぱりWordPress.com StatsとTaM Google Analyticsによるアクセス解析が出来なくなってしまいます。Google Analyticsのプラグインを変えてみようかな。というか直接コードを書いた方がいいかも。

“「WordPress.com Stats Helper」を入れてみた” への2件の返信

コメントは受け付けていません。