Ubuntu8.10のGNOME環境でKDEアプリのフォント変更

独学Linuxで紹介されていた2画面ファイラがいいなぁと思ってインストールしてみました。

1つのウィンドウ内でファイルを移動する方法

Linuxも使い込んでいくと,データをいろいろな場所に移動することも多くなっていきます。今まで,Nautilusでウィンドウのタブを複数開いて移動させていましたが,便利なものを発見しました。

前々から2画面ファイラを試してはいたのですが、なかなか気に入ったのがなかったので、今回このkrusaderを試してみたというわけです。

アプリの名前が「k」で始まってることからもわかるようにKDEアプリです。amarokなんかも使ってるボクはこれまで、それ程意識したことがなかったんですが、krusaderに限ってはメニューのフォントの小ささがどうにも気になったので、その調整をしようということです。

さて、通常GNOMEの場合には「外観の設定」からフォントの指定をすることが出来ますが、この設定はKDEアプリには反映されません。

そこで検索してみると、

GNOME環境でKDE用アプリケーションのフォントを変更する

というそのものズバリのページがありました。このページによると、

KDE用アプリケーションのフォントを変更する場合は、kcontrolをインストールする必要がある。

とあり、コマンドも記載されていたの端末へコピペして実行しました。

ところが、

<

p style=”padding-left: 30px;”>パッケージ kcontrol はデータベースには存在しますが、利用できません。
おそらく、そのパッケージが見つからないか、もう古くなっているか、
あるいは別のソースからのみしか利用できないという状況が考えられます
しかし、以下のパッケージで置き換えられています:
kdebase-workspace-bin kdelibs4c2a

なにやらkcontrolがインストールできません。さらに検索してみると、

Ubuntu 8.10のGNOME環境でKDE4アプリケーションのフォントを変更した時のメモ – Sickly Life はてな版

  • kdeadmin
  • systemsettings
  • kdebase
  • kdebase-workspace-dbg
  • kdebase-workspace-bin
  • kdel10n-ja

をインストールすることにより、

アプリケーション→システムツール→KDE システム設定

が起動できるようになるとのこと。ウチではkdel10n-jaはすでにインストールしてあるので、端末で出たメッセージを元に

  • systemsettings
  • kdebase-workspace-bin
  • kdebase-workspace-dbg
  • kdelibs4c2a

をインストールしてアプリケーションメニューを見てみたら「KDE システム設定」があったので、起動して無事フォントを設定することが出来ました。

何気にこの「KDE システム設定」のフォントインストーラが便利なんですよね。以前、ウィンドウズとデュアルブート環境を構築していた時に、MSフォントを導入するためだけにKDE環境を入れた記憶あります。その時もきっとKDE丸ごと入れなくてよかったんでしょうね。