ドラマ「神の雫」本日最終回

日本テレビ系列で放送しているドラマ「神の雫」が今日で最終回なんですね。わずか9話で最終回というのは最初から決まっていたことなんでしょうか?

去年の春のフジテレビの「CHANGE」が後出しジャンケンよろしく、11話だったので、それよりも2話も短い。
となると、視聴率悪くて打ち切り?って安直な考えをしてしまうわけですが、打ち切りかどうかはわかりませんが、視聴率は実際悪いようですね。

痛いテレビ : NEWS ZEROで神の雫の番宣 – livedoor Blog(ブログ)

視聴率が5%アンダーと低迷していることで話題となっている日本テレビのドラマ「神の雫」
明日の最終回を迎え、少しでも視聴率を上げようと原作マンガがフランスで大人気とのニュース。

プライムタイムでこれはちょっと悲し過ぎますね。また、

まあ、原作を持ち上げれば持ち上げるほど亀梨とドラマのダメっぷりが際だつだけなんだけどね。

とも。

で、視聴率の方をちょっとみてみると、これまでの平均視聴率は6.3%。6話から8話までが5%を割る状態。初回の10.3%がもっとも高く、この貯金を切り崩しているといった感じです。

同じ時間帯のフジテレビの「トライアングル」コンスタントに10%台をキープとまずまずであるところからも「神の雫」が低迷していることがわかりますね。

Audience Rating TV > 視聴率 > 2009年01〜03月

「神の雫」とは直接関係ありませんが、ウィキペディアによると、日テレ火曜10時のドラマ枠は今期で最後になるようです。

神の雫 – Wikipedia

初回は、15分拡大の23:09までの放送。番組制作費の節減に伴い、本作が火曜ドラマ枠最後の作品となり、1973年4月スタートの「火曜劇場」(途中、火曜サスペンス劇場→DRAMA COMPLEX→火曜ドラマゴールドと2時間ドラマ枠を25年半挟む)以来36年間続いた火曜ドラマの歴史に幕を降ろす。

制作費削減で、似たり寄ったりのバラエティ番組で時間を埋めて、益々テレビ離れが進んでいくと・・・。

原作コミックはまだ、連載中なので、ドラマで最終目的の「神の雫」に辿りついちゃうのも、なんかですね。
読めばワインを飲んで、「荘厳」な表現をしたくなるかも?(これは「キイナ」か)

作中に登場したワインは売れてるみたいですけど、これは原作のチカラ?アマゾンでも特集やってますね。