ウソ雑誌「FAMOSO」が倍の値段に

B00219DKDM編集長:ビートたけし、副編集長:所ジョージによるすべてがウソの雑誌「FAMOSO」がamazonのマーケットプレイスで、発売から4日で、定価600円の倍以上の値段1,500円からで出品されています。高いものではなんと2,980円となっています!

実はボクももってたりします。この雑誌のことを知ったのは、BSフジでやっている「世田谷ベース」でした。なんでも4月1日に、すごい写真雑誌をだすと番組内でちょくちょく言っていて、「創刊号は2冊買ったほうがいいよ。」と所ジョージが言っていました。「創刊って言って、次出るかわかんないんだから。」と・・・。「すぐになくなっちゃうよ」とも言っていましたね。現実にその通りになったといった感じです。

もう一回近所の本屋にいって2冊目をゲットしようかと・・・まだあるかな?

雑誌としては定価600円と高いですが、なんせ載ってる広告までもがウソ。紙の質もいいので、その分でも割高になるでしょうけど、普通の雑誌がいかに広告でもっているかがわかるような気がします。

広告がないもんだから、当然スポンサー絡みのタブーなんかも存在しないので、言いたい放題で、実にくだらない。50過ぎと60過ぎの、おっさんがやっていることと思うと尚、くだらなくて面白いです。

ビートたけしが「笑ってコラえて」の特番に出たときにも言ってましたが、「創刊号なのに、前号の訂正記事載せちゃってんだから・・・」と。

中身は、おっさん二人のコスプレに合成写真、それに、ウソで固めた見出しと記事。ウソの広告。

まさにエイプリルフールの衝撃でした。芸能界で確たる地位を築いている二人だから出来たんでしょうね。

ファモーソ – FAMOSO—ビートたけし編集長、所ジョージ副編集長:ホビダス by ネコ・パブリッシング