Firefox3.5b4pre「Shiretoko」を入れてみた

アイコンがFirefoxのものでないし、アドオンも使えるものが、ほとんどないので普段使いには出来ないすね。そして、まだ英語版しかない・・・。Firefox3.1b3なら日本語版もあります。

インストールしてみたのは、前の記事でパッケージマネージャで色々やっているときにパッケージリストの中に「Firefox3.5」の文字を見つけたからなんとなく勢いでインストールしてしまったというわけです。

たぶん”Ubuntu Tweak”でサードパーティーのリポジトリから、「Firefoxの開発版」を追加していたらパッケージマネージャからインストールできたのかな?

チェックした覚えはないんですけどねぇ。

さて、せっかくインストールしたのでJavaScriptを高速に処理できるという「TraceMonkey」を体感してみないことには、もったいない。以前、どこかにニュースサイトで、デフォルトでは「TraceMonkey」は有効になっていないという記事を見たことがあったので、有効にするべく検索。

Mozilla Re-Mix: [TraceMonkey]搭載「Firefox 3.1b1」日本語版が正式公開されたので使ってみました。

3.1b1の記事ですが「TraceMonkey」を有効にする方法がありますので参考に。

  1. about:configを開く
  2. 「jit」でフィルタリングする
  3. フィルタリングしたものを”ture”にする
  4. 再起動

javascript.options.jit.chrome
javascript.options.jit.content

この2つを”ture”にすることになっていますが、3.5b4preでは「content」の方はすでに”ture”になっていたので、1つだけ”ture”にして再起動してみました。

う〜ん。使ってるPCが軟弱なんで、速いことは速いけど劇的って程でもないかなぁ。正式版が出るころにはPC変えようかなぁ。(懐次第ですけど)

せっかくだから、最近公開されたweave0.3でも試してみようかな。