Amarok 2の音が出せるようになりました

ようやく”Amarok 2″の音が出るようになったので、メモ(これまで”amarok”と表記してたけど公式なんかみると”Amarok”になっているので今後はこちらで統一。バージョン番号は半角スペースをいれます)。

Ubuntu9.04でamarok2の音がやっぱりでない

で書いた手順までは行っていて、その後どうにかならないものかとイジった結果なので正確なところはわかりません。

  1. Synapticよりphonon-backend-xineをインストール
  2. 「追加と削除」から「system settings」をインストール(インストール後、ログアウトか再起動しないと設定メニューが表示できない?)
  3. 「System Settings」の「全般タブ」の「マルチメディア」で「バックエンド」で、”GStreamer”より、”Xine”の方を優先度を上げる(ウチでは”Xine”かなくて、この状態で音が出なかった)

ここまで行うと音が出るようになることが多いようですが、ウチではダメだったので、諦めかけて、別のアプリのことで「追加と削除」を眺めていたら、

「動画プレイヤー(Xine バックエンド)」なるものを発見。とりあえずダメ元でインストールすると、見事、音が出るようになりました。「Xine バックエンド」の切り替えがうまくいってなくて、「動画プレイヤー」のインストールで強制的に切り替わったような感じです。バックエンドの切り替えさえ出来ればきっとインストールしなくてもよかった思いますが・・・。

とりあえず音が出るようになったということでよしとします。

“Amarok 2の音が出せるようになりました” の続きを読む