フジドラマ「BOSS」最終回で「離婚弁護士の間宮貴子」

昨日のフジのドラマ「BOSS」で、テロリストに仕立て上げられた彼氏の弟の無実をこれから証明するのに、力になってくれる弁護士として、天海祐希演じる「大澤絵里子」が渡した名刺には「間宮貴子」の名前が!

これは、以前に天海祐希が主演したドラマ「離婚弁護士」での役名。

B0002L48RS

これには気づいた人も多いんじゃないかな?

で、このパターンは他にもあって、刑事が弁護士を紹介ということに限れば、最近のフジの刑事ドラマといえば、なんといっても「踊る大捜査線」(全然最近じゃないなぁ)でも、このパターンが登場してるんですねぇ。

B00005HQVI

織田裕二演じる「青島俊作」が「高岡って弁護士がいる」とかいうシーンがあったはずです。この「高岡という弁護士」が「正義は勝つ」の主人公で織田裕二が演じた「高岡淳平」なんですね。

B001ANDBL6

「踊る大捜査線」では、その他にも、織田裕二主演のドラマ絡みが登場しています。「お金がない」の会社名だったり、鹿賀丈史が「振り返れば奴がいる」での医者役で出演してたり(確か・・・)と、商売上手な演出がありました。

なんだか、「BOSS」からだいぶ話がそれましたが、主演が、過去の作品の自分の役名を出すというパターンの紹介ということで・・・。そうそう、「BOSS」での話をすれば、竹野内豊と反町隆史の組み合わせを懐かしく思った人も多いんではないでしょうか。1997年の月9ドラマ「ビーチボーイズ」懐かしいですねぇ。

“フジドラマ「BOSS」最終回で「離婚弁護士の間宮貴子」” への1件の返信

  1. 振り返ればヤツがいる、の鹿賀さんは、
    踊るではなく、古畑で再登場ですね。
    脚本がどちらも三谷幸喜です。

コメントは受け付けていません。