プレゼンソフトを使ってるというだけです

通常、プレゼンテーションの場合、スクリーンに映し出されるのは、これから話す内容の見出し、とくに重要な箇所、グラフなどの視覚的データで、フォントも大きく、一枚のスライドにはなるべく情報を詰め込まないのが一般的だと思います(あまり行うことがないのでよくわかりませんが)。

会場の大きさやスクリーンの大きさでフォントサイズがかわってきますし、フォントが大きくなればそれだけ一枚のスライドに入れられる文字も減ってきます。

今回、なぜこんなことを書いているかというと、例の中学校の同窓会ようのスライドを作っているからなんですね。

“プレゼンソフトを使ってるというだけです” の続きを読む