Chrome入れてみました

通常のブラウジングに対する多くのバクが修正されたということなので、試しにUbuntu 9.04にインストールしてみました。

Google、Mac OS X/Linux向けChromeテスト版をアップデート | パソコン | マイコミジャーナル

再起動時にセッション情報が失われる、タブを閉じる際やドラッグによる移動時にクラッシュする、フォントレンダリングが止まる、ファイルセーブ時にクラッシュするなどの問題が修正されている。

これまでは頻繁に落ちていたようですが、今回のアップデートでだいぶ落ちにくくなったみたいです。

また標準の検索エンジンが変更可能となっており、Google以外にYahoo! JAPAN、MSN Japan、BIGLOBE、goo、@Niftyを指定できるようになった。

検索エンジンも日本のものを指定できるようになったのは、使い勝手があがったかな?

相変わらずflashにまだ対応していないので、動画サイトなんかでは使い物になりません。ブラウジングスピード自体も、Firefox 3.5より遅いんじゃないかな?また、表示フォントの設定が出来ない(?)みたいで、表示がちょっと汚いということもあり、今のところは遊びでも使えるというレベルにはなっていません。

今後の成長を見守るにはいい素材ではありますね。

ところで、Ubuntu 9.04のFirefoxはいつになったら「3.5」になるんでしょう?ウチではUbuntuのバージョンアップ時に/homeを残して設定を引き継いでいるせいで、おそらくFirefox 3.0のプロファイルが膨大になりすぎ非常に重くなってしまったいるので、リポジトリを追加して「3.5β」のときからこちらをメインに使うようになってます。通常のアップデートが入ったら、プロファイルを作り直して身軽にしてやりたいなぁと思ってるんですがね。

Linux版Chromの入先はこちらです。

Early Access Release Channels ‎(Chromium Developer Documentation)‎