DropboxのWebインターフェースで複数ファイルの管理がラクに

DropboxのWebインタフェイスが機能とデザインを一新: ファイルをバルクで扱え, 検索機能なども

このサイトが今日(米国時間9/10)、Web上のインタフェイスを一新した。今日加わったいくつかの新しい機能によって、Dropboxの上に大量のファイルを置く人は、ファイルの管理が相当楽になる。

ここんとこ、なんだかしょっちゅう「接続中・・・」になっていたのは、このことが原因だったのか?

新しい機能としては

  • ファイルブラウザの中で複数のファイルをセレクトし、それらに対し複数一括操作ができる
  • 複数のファイルをzip化して一挙に送ることができる
  • 検索、Gmailふうのキーボードショートカット
  • モバイル専用のサイトなども加わった

ということらしいです。

Dropboxの場合はあまりWebインターフェースを利用する機会というのはないと思います。そもそも、そういうことを意識しないでファイルの同期ができるというのが魅力なわけですからね。

それでもWebインターフェースも使いやすくしてくれるというのはありがたいですね。

で、自分はこの恩恵に預かれるかというと、

  • 普段はもちろんデスクトップクライアントから利用している
  • そもそも出先で利用することはほとんどないが、UbuntuをUSBメモリにフルインストールしたものにもクライアントを入れてある
  • ポータブル版も用意してある

ということで、万が一出先で必要になってUSBメモリも忘れたという場合以外は思いつきませんが、きっとその時は使わせてもらえるPCにFirefox3.5かChromeが入っていてプライベートブラウジング機能を使えるという場合じゃないとアクセスしないような気がします。

あとは、Ubuntuのバージョンアップ直後でDropboxのクライアントをまだ入れてない、あるいは入れ忘れていたときに、必要なファイルがあったとか?

ちなみにボクのDropboxはお友達招待で2.5GBになっております。