PCのトラブルの原因はお友達にしてもらったリカバリ

パソコンのトラブル解決の案件があって、昨日行って来たんだけど、時間切れで完全解決に至らず・・・後日また伺うことになった。

電話で話を聞いた時にコレは大変かもと・・・どうやらほとんどPCについての知識がない方で、一生懸命説明してはくれているけど、どうもよく中身がわからない。まぁ操作関連(いつの間にかツールバーのボタンを非表示していて、今まで出来たことが出来なくなったとか)か、設定関連(これも実は自分でどこか、いじってしまったとか)かなと思ってまずは現場に。

PCはFMVのLXシリーズ。TV一体型のヤツ。
現場で話を聞いて確認した症状は・・・

  • 電源OFFにしてもファンが回り続けて、電源ボタン長押しで強制終了しないといけない。
    →まぁ電源管理の設定を疑いますな。それにしてファンの回りかたが尋常じゃない。
  • TV機能の番組取得機能が働かない。
    →設定でしょう・・・
  • 同じくTV機能で録画したものを管理しているアプリがエラーを吐いて、削除やサムネイル表示がうまく出来ない。
    →これも設定を疑う。
  • その他、作業途中に「あっ、あとコレも・・・」というのが追加されていく。

これらの症状はいつ頃からですか?と尋ねると、もう1年くらいになるかなぁ?と・・・。まぁ随分放置したもんです。

ダメ元で、何か原因に心あたりがないか再度尋ねる・・・。どうやらリカバリをかけた後かららしい。しかし、なぜリカバリをかけたのかは失念。

もうアレコレ考えるより、もっかいリカバリしたほうが早いんじゃないかと思ったが、なんせ、リカバリも友人に頼んだくらい初心者の方なので、バックアップとか各種設定とかで必要以上の時間がかかりそうだったので、ここは一つ一つ潰していくことを選択。

まずは電源関連から・・・電源管理の設定はとくに問題はない。ということはBIOSあたりが怪しい。アップデートがないか確認すると、ありますねぇ。BIOSアップデートで解決。

番組表の取得については、どうやらアップデートで仕様が変更になったらしく、セットアップウィザードから再度設定する必要があるとのこと。これも解決。

ここまで来て、どうやらリカバリ後のアップデートが中途半端に行われたのが、そもそもの原因のようだと気がつく。富士通の場合、インストール済みのアプリについては「アップデートナビ」なるものでアップデートを提供しているが、「アップデートナビ」にアップデートが必要と一覧に表示されるものの、作業自体は手動で行わなければならいないものもある。これを正しく行っていなかったのがマズかったのだ。たぶん。

さて、あとは録画番組の管理機能のトラブルのみ。これも一連のパターンから考えてアップデートやその後の設定だろうと作業に入ろうとしたところ、「そういえば、そもそも番組取得が出来なくなって、色々やってもらったんだ・・・。」と。

つまり、リカバリなんかする必要がなくて、番組取得アプリのアップデート後にセットアップウィザードを立ち上げてれば良かったというお話。

さらにここで、変なメールがたくさんくる。とか、YBBからYahooに変えたらGyaoの全画面表示がされなくなったとか・・・あと少しでPCがまともに動くようなるというところで優先順位を変えられてしまった。

「変なメール」=Yahoo!からのメールマガジン。登録時に自ら選択した、オークション情報とかニュースレターのことで、登録解除。

「YBBからYahooに変えた」=Yahoo! Japan IDを@ne.jpから@co.jpにしたみたい。したほうがいいよと言われたとのこと。Yahooをそんなに使わないしプロバイダも使ってないので、そのメリットとかよくわからんから「とくに問題ないと思いますよ」と逃げる。

Gyaoの全画面表示は、Yahoo動画との統合絡みで今はそもそも使えないので、「YBBからYahooに変えた」とかは全然関係なし。

UbuntuなボクはGyaoのお世話になることがないので、ちょっと疎かった。そして、Ubuntuなボクは、Ubuntuならアプリのアップデートでトラブるなんてことはないのになぁと、しみじみ。