Ubuntuでも出来るFirefoxの高速化

Firefox高速化テクニック8 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

LinuxLinksにおいてFirefox Tipsのタイトルのもと、Firefoxの高速化を実施するためのテクニックが紹介されている。設定をすることでFirefoxの性能を引き上げ、Google Chromeのように開発ペースの早いブラウザにも対応できると冒頭に説明がある。

この記事にもあるように、元々LinuxLinksで紹介されているものなので、Ubuntuでももちろん使えるというわけです。「Firefox高速化」というタイトルは目にすることがあっても、「(Winのみ)」を見て、ウチじゃ使えないのね、という経験をお持ちの方はボクだけではないはず。

元記事:Firefox Tips – LinuxLinks News

  1. BleachBitを使う
  2. 「about:config」の設定によるページレンダリング高速化
  3. 「about:config」の設定による履歴制限の実施
  4. 「about:config」の設定によるメニューの高速化
  5. 「about:config」の設定によるIPv6対応機能の無効化
  6. 「about:config」の設定によるローカルメモリキャッシュを増加
  7. 「about:config」の設定によるTraceMonkeyの有効化
  8. 「about:config」の設定によるその他の設定

以上の8項目が紹介されています。

“Ubuntuでも出来るFirefoxの高速化” の続きを読む