Ubuntu 9.10のRC版が公開

Ubuntu 9.10のRC版が公開、カルマなコアラの出番はまもなく! | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Ubuntu開発チームのSteve Langasek氏は10月22日(英国夏時間)、Ubuntu Linuxの次期バージョン「Ubuntu 9.10(開発コード”Karmic Koala”)」のリリース候補(RC)版の公開を発表した。デスクトップ版、サーバ版、ネットブック版(Ubuntu Netbook Rmeix)のほか、派生バージョンのKubuntu、Xubuntu、Edubuntu、Mythbuntuなども同時にアップグレードされた。「この RC版は完璧で、安定しており、どんなユーザが試しても問題ない」とLangasek氏はその仕上がりに自信を表明している。

当初26日に届く予定のPCが、宅配便の伝票番号からすでに地元の集配センターに届いているということを知ったので、奇しくも現PCが起動トラブルを起し不安定になったこともあり、集配センターに貰いに行ってきました。

リカバリメディアを一緒に注文しなかったので、セットアップ後、リカバリメディアを作成しようと思い作業をしていたら最終段階になってディスクの書き込みエラーがどうのこうのと・・・。メディアが悪いのかなぁ。あとで買いにいこう。

で、Vistaなんか使ってられないので、別PCで作成したUbuntu 9.10 RCをインストールしちゃいました。

“Ubuntu 9.10のRC版が公開” の続きを読む