“NO MUSIC, NO LIFE. NO MUSIC, NO WHISKY.”

サントリーとタワーレコードがウィスキーと音楽のコラボ企画をやってるというのでチェックしてみました。

ギャラはウイスキー一生分! 山崎まさよしがサントリー「山崎」とコラボ:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス) 2009/11/02

坂本龍一、山崎まさよし、斉藤和義ら6組のアーティストが、それぞれのイメージに合ったサントリーの6種類のシングルモルトウイスキーと“共演”する企画がスタートした。

[tegaki]ギャラはウィスキー一生分[/tegaki]

うらやましい~。人によって量が違うと思うけど。

NO MUSIC, NO LIFE. NO MUSIC, NO WHISKY サントリー

ボクの大好きな山崎まさよし絡みで知ったんですけど、まさかまさかの「山崎まさよし=山崎10年」というなんともベタでいて、納得の組み合わせ。

山崎まさよし本人もインタビューで

サントリーさんの”山崎”って言うのは、それまでこう、「来るかなー」とかね、ちょっと期待はしつつも、やっとなんとくなく。

と語っています。

その他の組み合わせは

  • 坂本龍一=ザ・マッカラン12年
  • The Ska Flames 大川毅&Oi-SKALLMATES ワタル・バスター=ラフロイグ10年
  • 山崎まさよし=山崎10年
  • Port of Notes=白州10年
  • 斉藤和義=ボウモア12年
  • EGO-WRAPPIN’=グレンフィディック12年

以上の6組。

ボクの好みは「山崎10年」と言いたいところだけど、「ラフロイグ10年」なんですねぇ。

ラフロイグ10年 750ml
B001TZ5NIE

ウチの近くには並行輸入品がないので、いつも750ml入りのヤツを3,500円程度で購入しています。

この好みがはっきり分かれる強烈なピート香がボクは気に入っているので、ガツンとストレートでやるのがよいのです。

友達とバーに行ったとき、勧めても評判のいいことはほとんどなく、悲しい思いをします。

““NO MUSIC, NO LIFE. NO MUSIC, NO WHISKY.”” への2件の返信

  1. ラフロイグを勧めたら、「正露丸臭い」と言われた記憶があります。
    僕は好きですけどね、ラフロイグ。

  2. ラフロイグと正露丸臭いをキーワードに検索すると、Googleのサジェストにも載るくらいなんですねぇ。ビックリしましたw

    あの中のヨード香が突出して感じられるんでしょうねぇ。

    今日は、「正露丸臭さ」を意識して飲んでみます。

コメントは受け付けていません。