WordPress.com Statsをはずしました

タイトルの通りなんですけど、アクセス解析に利用していたWordPress.com Statsをはずしました。

ダッシュボードからほぼリアルタイムのアクセス状況を確認出きるので便利だったんですけど、何せデータベースを使うので、ウチで借りてるレンタルサーバーではどうにも重くて仕方ないので、とりあえずアクセス解析はGoogle Analyticsにお任せすることにします。ただ、Google Analyticsはサイトにアクセスする手間があるし(ボクはこれは平気ですけど)、日毎の統計ということと、ちょっと高機能すぎてボクには宝の持ち腐れ感が強かったので、さっと確認できるStatsを利用することにした経緯があるので、今後、別のものを探すことになるかもしれません。

別のものを探すといって、データベースを利用するもの(しないものがあるのか知らない)だと結局、今と同じ状況に陥るので、データベースの使用量を制限できる機能があるとか、過去何ヶ月分のデータしか残さないといった設定ができるものじゃないと意味がないなぁと。

実は、サイトの表示が遅いのはPCのせいだとばかり思っていたんですよ。ところがPCが新しくなっても一向に表示速度が改善されなくて、データベースの肥大化が原因だったんですねぇ。やっぱりサーバー移転考えるべきかなぁ。

他にデータベースで容量を使うプラグインは関連投稿表示に使っているWordPress Related Post for Japaneseがあるけど、これははずしたくないなぁ。使用中のプラグイン24個ってのも多いような気がする。