IBus-Anthyで気がついたこと

Ubuntu 9.10(Karmic Koala)からは、日本語インプットメソッドがIBusに変更になりましたね。これまで、インプットメソッドの設定なんてほとんど見たことがありませんでしたが、今回IBusに変更になったということと、先日Twitterで「IBus-Anthyで句読点の入力で自動変換される」というのを見て、ウチのはそんなことないなぁ。ウチは今回クリーンインストールでインプットメソッドいじってないはずだから、ウチのがデフォルトのはずだよなぁ。それともどっかいじった?ということで、設定画面を開いてみました。

「句読点入力時のふるまい」というところが「何もしない」となっています。プルダウンを表示すると中には「自動変換」(プルダウン表示してスクリーンショット撮ればよかったなぁ。どうすんだっけ?w)というのがありました。

「自動変換」を選択していると句読点の入力で変換されるというわけだったんですね。どっちがデフォルトなんだろか?

「句読点入力時のふるまい」の上の項目に「テンキータイプ」というのがあります。ウチでは「テンキーコードのまま」となっています。これだとテンキーからの入力は半角英数状態で変換の必要がないので便利ですね。これって以前からあったんでしょうか?これまでは表計算を扱うときに、項目=日本語、数量等=数字という場合は、すごく面倒だったんですけど、これならtabキーでどんどんセルを横移動させても入力がラクでいいです。

文字入力はPC操作のなかでも、相当の割合を占めるので、自分の入力しやすい設定をみつけておくというのは大事なんですね。以前はLinuxの日本語入力は、日本語入力出来れば御の字で精度は二の次という状態が顕著だったので、設定なんかは気にしていなかったんです。随分とよくなっと実感させられる出来事でした。