You TubeにWarner復帰

YouTube、Warner Musicの復帰でブランディングに屈する

今年1月、Warner Music GroupはYouTubeに対して、サイトからWarnerの楽曲をすべて削除することを余儀なくさせた。ロイヤルティー支払いに関するトラブルが原因だ。これがユーザーたちの怒りを買い、YouTubeが、Warnerの曲をBGMに使っているユーザー作成コンテンツの音を消したり削除したりし始めると、抗義ビデオを作ってアップロードした。本日(米国時間11/12)これらの楽曲が、この世界最大のビデオポータルで息を吹き返し始める。MadonnaやGreen DayやBee Geesらのミュージックビデオが、約1年ぶりにYouTubeで見られるようになった。

ということで、ボクもよく聴くMadonnaとGreen Dayの動画が見られるようになったわけです。ただ、

しかし、YouTubeを見慣れたユーザーにとって、この新しいビデオはどこか違和感がある。どのビデオにも大がかりなブランディングが行われていて、背景はカラフルでアーティストの作品への大きなリンクもある。Warnerのみが、これをやる権利を持っている、なぜなら交渉の 結果、他のコンテンツパートナーよりも遥かに自由にページを操ることのできる契約を結んだからだ。Warnerは、独自のブランディングができるほか、自 らのミュージックビデオだけでなく、同社の曲が使われているユーザー作成コンテンツについても独自に広告を販売することができ、収益の大半がWarner に渡る(YouTubeにも分け前は入る)。

とかなり「特別待遇」。ユニバーサルだってブランディングしていない。だってそれがYou Tubeなんだもんなぁ。TechCrunchにもあるように、

他のコンテンツオーナーたちもやりたくなるに違いない。もしYouTubeがそれを認めれば、ユーザーは現在の比較的統一されたサイトのレイアウトを失い、(かつての)MySpaceを思い起こさせる物を見ることになってしまう。

なんてことになったらちょっといやですねぇ。MySpaceのことはしりませんが。

で、オフィシャルのミュージックビデオなんかに広告が入るのは、まぁ仕方ないとして、ミュージックビデオの再生前に動画広告が入るって、民放のCMみたいだった。

ブランディングもして再生前に動画広告入れて埋め込みもさせないWarnerよりも埋め込みをさせてくれるオフィスオーガスタが素敵です。

山崎 動く動く [DVD] × B002LIR92G

NO MUSIC, NO LIFE. NO MUSIC, NO WHISKY サントリー