Ubuntu 9.10で起動の度にサウンドがミュートになることへの対処(訂正あり)

マルチドライブの調子が悪く、余っているものと交換すべく、ケースを開けるために接続されているケーブルをすべて抜きました。もちろんスピーカケーブルも。マルチドライブ交換後、スピーカケーブルをつながずに起動させた。これがいけなかった。

起動時に必ずミュートになっている。ミュートを解除して終了してもだ。

前にどこかで、インストール時にスピーカつないでいないと起動時にミュートになるというような記事を見かけたことあり、対処法もあったはず。ただ、その時には我が身に関係ないことと、軽く流してしまった。

さて、このPCは仕事用で、スピーカは外部接続だからもちろん電源有りのもの。仕事用ということもあり、普段はスピーカの電源を落としているので当然、スピーカから音は聞こえません。だったら、ミュートでも関係ないじゃないか!と。なんかバッテンが出ているのが嫌なんですw(ちなみにUbuntu Oneも自動起動にしているはずなのにバッテンです。これは後で解決策を探します。)

“Ubuntu 9.10で起動の度にサウンドがミュートになることへの対処(訂正あり)” の続きを読む