Google Waveで招待が出きるようになりました

相変わらずさっぱり使い方が分からないGoogle Waveですが、Waveを利用できるようになると自分でWaveに招待出きるようになるとばかり思っていて、どっから招待状を送るんだ?(まぁ実際送る人もいないだけどね)とWave内をあちこち見て回りましたが、それらしいものがなくて、使い方がわからないので、利用機会も減っていき、招待状の件も放置状態となっていましたが、久しぶりにWaveにアクセスしたところ、

Invite others to Google Wave

Google Wave is more fun when you have others to wave with, so please nominate people you would like to add. Keep in mind that this is a preview so it could be a bit rocky at times.

Invitations will not be sent immediately. We have a lot of stamps to lick.

Happy waving!

というWaveがありました。おそらく、これでボクからも招待状を送ることが出きるんだと思います。

自分自身がよくわかっていないサービスにいきなり招待するのもアレなんで、今のところ招待状は未使用のままです。まぁ、なんか使ってみたいという方があれば、招待してもよいかなと。出来ればWordPressな方、Ubuntuな方にコメント頂ければ招待状を送信します。

ところでこの使い方がよくわかっていないGoogle Waveですが、やっぱりそうなのね。という記事がありました。

アメリカ合衆国の建国の父たちがGoogle Waveでコラボしながら「独立宣言」を起草

Google Waveをめぐる興奮はここ数週間でかなりさめちゃったようだが、その大きな原因は、それをどうやって何のために使うのかさっぱり分かんない人がほとんどだからだ(あの80分のデモビデオも役に立たない)。

まさにその通り!

Gmailの作者曰く「メールは永遠に死なない, Google Waveは試してない」

Waveについて聞かれたBuchheitは、まだ試したことがないと答えて、笑いながらこう言った: “招待状はぼくのインボックスで寝ているよ”。Gmailの開発の中心人物だったBuchheitがこう言うのだから、状況はGoogle Waveにとって深刻かもしれない。しかしBuchheitは、Google Waveをメール、あるいはTwitter、Facebookなどを駆逐するサービスとは思っていない。彼もGoldmanも、Google Waveはコラボレーションのためのツールだと見ている。そして両人とも、Google Waveはグレートな技術だが、磨き上げにあと数年はかかると考えている。

なんてのもありました。ボクが使うには早すぎたってことですかね。それでもせっかく使えるようになったので、何かしら遊んでいきたいと思います。

“Google Waveで招待が出きるようになりました” への2件の返信

  1. こんにちわ。
    google waveの招待関連でこのサイトにたどり着きました。
    もしよろしければ、招待枠が余っていれば、招待願えますでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

  2. 招待状を送信しました。2、3日かかるかもしれませんのでお待ちください。
    それでも届かない場合には、再度コメントしてもらえると助かります。

    活用法がわからず、ほとんど休眠状態ですが、おもしろい使い方などわかった場合には教えてください。

コメントは受け付けていません。