NVIDIA X Server Settingsをrootで起動するようにメニューに登録する

最近マルチモニタ化や、GT240のドライバ対応具合を確認したりするために、NVIDIA X Server Settingsをいじる機会が多くなりました。コレ自体はメニューのシステム→システム管理から起動することが出来ますが、設定変更を行った場合には、”xorg.conf”の保存が必要となり、管理者権限でないと保存することが出来ません。これまでは、たまにしか起動することがなかったので、端末から”sudo nvidia-settings”で起動していましたが、こうも頻繁に利用するとなると、メニューからサクッと起動したくなるというものです。

そこで、メイン・メニューの設定で、rootで起動するように追加してみました。

元々あるものと同じものを「新しいメニュー」から作成して、コマンドの頭に「gksu」を加えるだけのお手軽操作です。コマンド欄にコマンドを入力すればアイコンもセットしてくれるので、とても簡単、おなじアイコンだと分かり辛いというときには何か他のものに。

あとは表示名に「(root)」なり「(管理者)」なりを追加して違いがわかるようにしておけばいいわけです。

GUIなボクにはとても助かるメニューとなりました。