外付けHDDで痛恨のミス

B002M0ED3G

I-O DATAのHDCS-U1.0R2を保存用にしてドンドン、データを入れています(一時期、認識されなくるということもありましたが、現在は良好)。まだ200GBくらいしか使っていないので、かなりの余裕があるということで、これまで、UbuntuでDVDのiso化をして保存ということをしたことがなかったので、HDDに空きがあることを良い事に無駄にiso化したものを保存してみようと思いました。

iso化はBraseroから簡単に終了。ただ保存先を外付けHDDではなくて内臓HDDにしてしまったので、データのコピーを行いました。

しばらく放っておくと何やらエラーを吐いています。「デカすぎるよ!」と。コピー先をみると4GBまではコピーされています。映画のDVDなんかは大体4.4GB前後です。

すでに皆さんお気付きかとは思いますが、HDCS-U1.0R2のフォーマットがFAT32だったんですねぇ。これはコピー出来ないはずです。思えばHDCS-U1.0R2を購入したとき、試しに繋いで電源入れてみるだけのつもりが、あまりにもすんなりと認識されるもので、そのままの勢いでデータの書込みをしてしまったんですよね。その時には一度に数十GBのデータを保存していたんですが、その中には4GBを超えるサイズのファイルがなかっただけなんです。

1ファイル4GBの制限にかかるものがなかった。

さて、どうしたモノか・・・

“外付けHDDで痛恨のミス” の続きを読む