Amarok 2.2でCDをエンコード

最新のAmarokのバージョンは2.2.1のようですが、ウチのは2.2.0です。
UbuntuでCDをmp3にエンコードする時には、Rhythmboxで挿入したCDの取り込みをすれば簡単に行うことが出来るわけですが、デフォルトでは取り込みのビットレートが128kbpsでちょっと低いです。これを変更するには、設定で「GStreamer のパイプライン」を変更してやる必要があります。

エンコーダのLameのコマンドを指定するということらしいのですが、コマンドがわからないので調べないといけないし、どのくらいが、そこそこの音なのかというの試すのも面倒です。

とにかくコマンドという呪文を使いたくないというのが本音です。

そこでAmarokです。たしか2.0のときはエンコードどころかCDの再生が出来なかったような気がします。
それが今は(2.2.0では)、CDは自動認識されるようになったし、エンコードも出来るようになっています。何を使ってエンコードしようか色々起動しているウチに偶然気がつきました。

“Amarok 2.2でCDをエンコード” の続きを読む