iGoogleの検索窓が邪魔なのでGreasemonkeyで非表示にした

まだまだデフォルトブラウザはFirefoxなボクは、ホームにiGoogleを設定しています。上段には時計、カレンダー、ピンポイント天気と確認する頻度の高いもの、中頃にはニュース、下段には、郵便番号検索などの頻繁には利用しないけど、たまにサッと使えると便利なツール類を置いています。

登録するガジェットが増えるとどうしてもスクロール量が増えてきますので、結構な縦幅をとっているヘッダー部分の検索窓が邪魔になってきました。

検索自体は、ツールバーなんかを使いますし、iGoogleのテーマも検索窓やボタンでアナボコになるので特にカッコイイとも思わないので利用していませんので、検索窓を削って表示領域を広げてスッキリさせてしまおうと考えたわけです。

すぐに思いついたのがGreasemonkeyを使う方法。さっそく検索。もちろんiGoogleの検索窓から!

“iGoogleの検索窓が邪魔なのでGreasemonkeyで非表示にした” の続きを読む