設定次第でやっぱり本名がバレちゃう「Google Buzz」

公開から注目を集めている「Google Buzz」ですが、ボクのところでも、10日にGmailにアクセスしたところ、「試してみますか」というようなアナウンスが出て、思わずポチっとしてしまいました。ほとんどソーシャルネットワークって活用できていないのに、これ以上サービス追加して大丈夫かしら?と思いつつ。

最初にアクセスすると色々と初期設定をしていくわけですが、公開名かなんかで、フルネームの設定ってのがあって、姓と名両方のボックスを埋めていないと先に進めませんでした。とりあえず、本名を設定。

メッセージ公開用のニックネームの設定ってないよな?と思っていたので「これって本名で投稿される?」ということで設定だけ済ませて様子見のため投稿はしていませんでした。

「Google Buzz」で本名や居場所がばれる? ネットで騒動に – ITmedia News

Googleが2月10日に公開した、ひとことメッセージなどを投稿してユーザー同士で交流できるサービス「Google Buzz」で、本名や現在地の位置情報といった個人情報が意図せず公開されてしまうとネットで騒ぎになっている。

やっぱりそうだよね。

まぁ、ボクの本名が晒されたところで、そいつを目にする人も稀だろうけど。

投稿者名は「公開プロフィール」から変更できるが、変更した場合はGmailの差出人名も変わる。iPhoneの位置情報は、Google Buzzに最初にアクセスした際のダイアログで「位置情報の利用を許可しない」を選ぶか、投稿画面の現在地の右にある矢印をタップし、「現在地情報を非表 示」を選べば表示されない。

ボクもそうだけど、Gmailをデフォルトのメールにしている人も多いんじゃないかな?それで差出人名が変わるってのはちょっと困るんじゃないかな?

単純にBuzzでは設定したニックネームで公開出きるようにしておけばいいだけだと思うんですけどね。それだとポリシーと違うってことなんでしょうか?

本名で投稿しないといけないけど、便利に活用するには多くの人をフォローして自分の投稿も公開にしておかないと意味がない。

今のところはtwitterでいいかなぁ。それも活用できてないけどね。

今後、twitterなんかとの統合も進んで、WordPressのコメントなんかもBuzzでなんてことになったら考えるかな。

[追記]

さすがに非公開設定を簡単にするように対応したようです。

グーグル、「Google Buzz」のプライバシー問題に対応–非公開設定が容易に:ニュース – CNET Japan

いろんなものを非公開にしたら今度はソーシャルの意味がなくなると思うわけですが、ちょっとどう使ったらいいかわかりませんw

ちなみに、Googleのプロフィールの方は「tahatti(BoozerBlog)」と表示されるようにして、Gmailの送信者名で、Googleアカウントを使用せず、Gmailで設定したモノを使うようにしておきました。