zippoやめました

ウィンドミル(WIND MILL) JP アルミミガキ JPW-0001

この冬、どうにも10年以上愛用してきたzippoの調子が悪い。火の付きがすこぶる悪くて・・・もちろんオイルも補充してフリントも確かめて、芯も取り替えて、きちんと手入れして使ってました。

最初は、1月のイベント準備の頃から、寒さのせいでオイルが気化できないせいだと考えていました。実際、自宅や暖房の効いた屋内だと火が付いていたので。ただ、他の人たちのzippoは火が付いていたような・・・。

ボクの場合、すぐ取り出せるようにアウターの胸ポケットに入れていたから冷えていたんだろうくらいに思っていました。

ところが、最近になって屋内でも一発で着火しないことが多くなり、イライラして、先日の飲み会のときに後輩にくれてやりましたw

コレ失敗。かっこ悪いけどあとで返してもらおうかしら・・・。

勢いでくれてやったのは、新しいライターを注文していたからなんですね。

ウィンドミル(WIND MILL) JP アルミミガキ JPW-0001

ウィンドミル製ののターボライターです。ガス注入口がキャップ式になっています。zippoも確かに「wind proof」ですが内燃式のターボライターに比べたらその差は歴然。重厚さやアクション、オイルの香りといった趣きの面ではzippoの方がかっこいいですが、タバコに確実に火が付くという根本機能を重視しました。

ま、あとは見た目もね。

根本機能を重視といっても、燃料はガスなので使用可能温度は5℃からになっています。これでアウターのポケットにいれておいても確実に着火できるかが焦点。これで付かなきゃ買った意味が半減・・・。アルミの磨き仕上げなので、これからガンガン使い込んでキズだらけにしたいと思います。

ボクは勢いあまってzippoをあげてしまいましたが、zippoは永久保証なので修理センターに送れば別に無料で修理してもらえたわけです。ただ、保証書がすでにどっか行ってるので、保証書なしで修理してもらえるかとか聞いたりするのが面倒だったんです。

それに火の付きが悪いのはおそらく、長年使ったせいで、フリントを擦るヤスリが減って火花の出が悪くなったためじゃないかと今は思ってます。保証書のことでアレコレ手間をかけるより、コンビニ行って、安いzippo買ってインナーユニット取り替えたらいいだけの話なんですね。

ということで酔った勢いであげてしまったことを後悔しているのでありました。

この御時世、禁煙という選択肢を思いつかないダメ人間です。