Ubuntu 9.10でAmarokを2.2.2にしたけど

パッケージで提供されているAmarokは2.2.0でイコライザがグレーアウトされていて利用できないと書いたところFedoraではAmarok 2.2.1にてイコライザが使えるようになっているというコメントをもらったので、アップデートを待っていても、ぜんぜんバージョンが上がらないので、PPAのリポジトリを追加して2.2.1にしようとしたところ、依存関係で引っかかるらしく失敗。

Amarok 2.2.2がリリースされたということで、今度こそはと、PPAからアップデート。今回は成功。

残念ながら今回もイコライザはグレーアウトのまま機能せず。使ってるオーディオドライバーの違いでUbuntuでは使えないのかな?

イコライザはPulseAudio Equalizerで対応してるから、まぁいいです。

Amarok 2.2.0ではEQが使えないのでUbuntu自体にEQを適用する

今回は何だか歌詞表示がおなしなことになってます。

スクロールバーが表示されない。

最初はまったく気がつかずにいました。でも何を聴いても歌詞の表示領域が大きくなることがないので、やっと気がつきました。

ところが歌詞を編集状態にするとスクロールバーが表示されきちんとスクロール出きるようになるのでした。

歌詞スクリプトがよくないのかAmarok自体なのかわかりません・・・。使用にはほとんど支障がないので調べてもいません。

Amarok 2はもうちょっと完成された状態で公開してもよかったんじゃないかなぁと、また思いました。でも、ボクはPPAで最新版を追いかけますよ。

“Ubuntu 9.10でAmarokを2.2.2にしたけど” への2件の返信

  1. 不思議ですねぇ。
    私の所では問題なく動作してます>イコライザ、歌詞

    私の環境では、Phononのバックエンドがxineなんですが、そちらではどうなっているでしょうか?

    多分GStreamerでも大丈夫だとは思いますが・・・。

  2. バックエンドはxineです。というかGStreamerだと音が出ません。

    で、バックエンドの確認のために設定から「再生」を覗いてみたら、イコライザが使えるようになっていました。

    2.2.2へはしばらく前にアップデートしていて、その時には確かにイコライザのところがグレーアウトされて使用できなかったんです。

    この最近のUbuntuでのKDEパッケージ絡みのアップデートがあったので、その辺りで使えるようになったのかもしれません。

    コメントを頂かなければ、ずっと使えないと思いこんだままだったので、助かりました。

    そういえば2.3のβも出ていましたね。

コメントは受け付けていません。