Ubuntu 10.4で採用予定の「Takaoフォント」を使ってみる

Ubuntuのの本語フォントもボクが使い出した6.06の頃から比べるとずいぶん綺麗になったし、あれこれ手間をかける必要もずいぶん少なくなりました。4月にリリースされることになる。時期バージョン10.04ではフォンとの再選定が行われ、IPAフォントの派生フォントが採用されるようです。

Ubuntu Weekly Topics:2010年2月19日号 10.04の開発進捗・2D UNEランチャー・日本語フォントの変更・Ubuntu Global Jam・UWN#180|gihyo.jp … 技術評論社

日本語フォントに関しては,IPAフォントライセンスに基づいてIPAフォントを派生させた「Takaoフォント」(「Takao」はIPAフォントの 基になったフォントの制作者のお名前に依拠したものです)を採用する予定です。現時点では「ほぼ採用」のフェーズにあり,致命的なバグが発覚しなければこ のままUbuntu本体へ取り込まれ,10.04ではインストール時点からのデフォルトフォントとなるはずです

さっそく一足お先にTakaoフォントを使ってみることにしました。

“Ubuntu 10.4で採用予定の「Takaoフォント」を使ってみる” の続きを読む