Amarok 2.3.0公開。Ubuntu 9.10 + Gnomeでは問題あり?

Amarok 2.3.0が公開されていたようでアップデートが入りました。

Amarok 2.3.0 “Clear Light” released | Amarok

アップデート後に起動してみると、なんとローカルコレクションに何も表示されていません。2.2.2からのアップデートだから引き継ぎじゃないのかよぉ?と思いつつコレクションの再スキャンをしてみるも変化なし。スクリプトなんかはそのままの設定になっているので、やはりコレクションだけがおかしい様子。

調べてみると、ウチの環境=Ubuntu 9.10 + Gnomeだと外部データベースを使わないとコレクションに登録されないよう・・・。英語のサイトなので、もちろん理解が怪しいわけですが・・・。

とにかく外部MySQLを設定してみると、ちゃんとローカルコレクションが表示され再生出きるようになりました。

MySQLが入っていない場合には

  • mysql-server
  • mysql-client

をインストールして下さい。

ボクは端末からMySQLを設定しましたが、もしかしたらAmarokからでも簡単に設定できるかもしれません。

これでパスワードだけ設定してやればいいのかも?デフォルトではユーザ名が「amarokuser」でデータベース名が「amarokDB」だったような・・・。設定後に気がついたので忘れました。

ともあれAmarokでの再生が可能になりました。

外部データベースにしたので、今までのレーティングはなくなります。ボクはきっと4月のUbuntu Lucid Lynxへのアップグレードの時にデータベースのバックアップ忘れてまたレーティングが初期化されることでしょう。

大きく見た目が変わったのはツールバーですかね?ボリュームはあんまり使いやすいというわけではないですねぇ。イコライザが単独でポップアップ表示されるようになったのは使い勝手がよくなりました。

でもやっぱりバックエンドをGstreamerにすると使えません。Moodbarも出たり出なかったり(ウチだけかもしれません)。そういえば歌詞表示でちゃんとスクロール出きるようになってました。この問題もどうやらウチだけではなかったようでローカルコレクションが表示されない件を調べているときに、同じような問題を見かけましたがアップデート後スクロール出きるようになっていたので、対処法はスルーしました。

またBansheeと比較しながら使っていこうと思います。

Banshee1.5.5公開。なかなかよさげです。

ちなみにスクリーンショットは上記のBanshee記事を書いたときにGAGAさまだったので、合わせてAmarokでもGAGAさまで撮ってみました。

ザ・モンスター