NHKオンデマンドFlash化で利用対象が拡大

NHKオンデマンドがFlash形式に移行、字幕表示の試行サービスも -INTERNET Watch

PC版サイトは従来、Windows Media Video形式で動画を配信していたが、4月1日からはFlash Video形式へと変更。これによって、サービスを利用できるOSやWebブラウザーの種類が増えた。また、ビットレートは従来の1.5Mbps、 768kbpsに加えて、新たに384kbpsを追加した。

これ以上NHK様にお金を払うつもりはないので、利用するかと言われれば限りなくNO寄りです。

Windowsの動作環境は、Windows 7/Vista/XP SP3で、WebブラウザーはInternet Explorer 8.x/7.x(32bit版のみ)およびFirefox 3.6.x/3.5.x。Macintosh環境では、インテルCPUを搭載したMac OS X 10.6/10.5/10.4で利用が可能で、WebブラウザーはSafari 4.xおよびFirefox 3.6.x/3.5.x。また、Flash Playerのバージョンは10.0.32.x以降になる。

Linuxについてアナウンスは当然ありませんが、Flash Video形式ということで、Linuxでも再生は出きるはず・・・。

NHKオンデマンド

こちらの「お試し視聴」は映像、音声ともに再生されました。あとは会員登録のときにOSで弾かれなければ利用が出来そうです。

こういったマルチプラットフォームの環境が増えることは非常によいですねぇ。でも民放だとMSと使用機器やスポンサーの絡みがあってマルチプラットフォームに対応なんてことにはならないのかなと思います。

サラリーマンNEO Season3 DVD-BOX I