OSSの「Songbird」がLinux版の開発を中止

Linux Daily Topics:2010年4月5日 メディアプレーヤー「Songbird」がLinuxサポートを中止|gihyo.jp … 技術評論社

Songbirdのエンジニアリング担当バイスプレジデント Georges Auberger氏は同 社のブログで「Linuxサポート中止は,Songbird創立以来,もっとも辛い決断」としながらも,「すばらしいLinuxプロダクトとして リリースしていくことは,もうできない」と宣言,現在開発中の次バージョン”NOFX”はWindows版とMac版のみのリリースになるという。 NOFXは4月末リリース予定で,MPEG-4やWMVエンコーディングのサポート,ビデオ再生機能の改善など多くの機能強化が実施されるバージョンだけ に,リリースを楽しみにしていたLinuxユーザも多かった。

OSSのメディアプレイヤーとして開発が進む度にだんだん「使える!」ものになってきていたので、Linux版が今後提供されなくなるというのは残念です。

Linuxサポート中止は「限られた開発リソースをLinux版にまわせなくなった」ことが主な理由とAuberger氏は弁明している。

確かにユーザーの絶対数が少ないLinux版へリソースを割り当てるのは大変でしょうからわからなくもないですけどね。

中には今年1月,米ラスベガスで行われたCESにて発表されたPhillipsとの提携が原因なのでは,と推測する向きもある。Phillpsは同社の MP3プレーヤーにSongbirdをバンドルすることを発表したが,Songbirdがこの移植をLinux版開発よりも優先したのでは,というもの だ。いずれにせよ,クロスプラットフォームを謳っていたOSSのプロダクトがLinuxサポートを打ち切るとは,非常に残念な話である。

むしろクロスプラットフォームでOSSであることを「ウリ」に頑張って欲しかったなぁというのが正直な感想です。

Windows版、Mac版は使ったことがないですが、Linux版はこれまでもリリースが他のものより遅かったわけですが、バージョンアップ毎にほんとにだんだんと良くなってきていたので、ウチのメインのメディアプレイヤーの有力候補だったので、選択肢が一つ減ってしまいました。

“OSSの「Songbird」がLinux版の開発を中止” への1件の返信

  1. ピンバック: Tweets that mention OSSの「Songbird」がLinux版の開発を中止 | BoozerBlog -- Topsy.com

コメントは受け付けていません。