Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Buildを実機にインストールしてみました

友達(というか今回はお客さん)のPCが起動しなくなったので見てくれということだったので、見てみると、どうもHDDがイカれてきているようでした。

何せ、8年ほど前のFMV C9/160Lです。以前から買い替えをしろと言っていましたが、ついにこの2年で2回のリカバリを経て、その役目を終わらせることを決意したのでした。買い替えをすることを決めたのはいいが、相変わらずバックアップしていない。最初のリカバリの時は仕方ないので、今後はHDDの調子もよくないみたいだからバックアップはしてくださいなと言っているのに・・・。

そこで買い替えは友達自身にまかせて、HDDのデータを救出すべくボクの手元にやってきたC9/160Lですが、USB起動が出来ない代物なのでLive CDで起動して外付けHDDにデータを移動して、なんとかバックアップ成功。残ったPCは処分してくれて構わないということで、それならHDD取り替えて遊んでやろうと思い、Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Buildをインストールしてみました。

Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Build

【FMV C9/160L】

  • CPU Pentium4 1.60GHz
  • メモリ 1GB(増設)

このスペックで果たしてどうなるものか・・・?
CDドライブの速度も大したことがないのでインストールには20分くらいかかりました。作業その物は順調。期待されていた起動時間はスペックがスペックなだけにそれほど速いというわけではありませんでした。

起動後は、アプリの起動にはやはり時間がかかりますが、動いてしまえばそこそこ使い物になります。今度はこれにGeforce 6200というちゃちなモノをつけてみます。PCIバスしかないので手持ちはこれしか余ってなかった。

ビデオカードを取り付けたという実感が感じられません・・・。それでもCompizはもっさりではありますが使えています。ただ、Nvidiaのドライバを入れてから、終了時にXを抜けたあとエラーが出て電源が切れません。これはちょっと調べてみないといけませんね。普段使っているPCにもNvidia使ってますから、正式版のリリース後もこの状態だとよろしくありません。

この程度のスペックでもブラウジングや文書の作成や簡単な画像編集程度なら、まぁ使えなくもないという感じですかね。HDDをSSDに交換してみるのもいいかもしれません。

Transcend 32GB SSD 2.5インチ IDE MLC TS32GSSD25-M

32GB程度のIDE接続なら1万円程度で購入出来るようになりましたし、ビデオカードももう少し新しいものに取り替えれば、結構使い物になるかもしれません。

というかこのPCにSSDとビデオカードで2万円ちょっと投資するなら、新しいの組んだ方が現実的な気がします。

インテル Boxed Intel Celeron E3300 2.50GHz 1M LGA775 BX80571E3300

Intel Celeron E3300が4,000円ちょっとで買えるので、2万5千円前後で1台組めちゃう。もちろんUbuntu使えばOS代も必要ないし、Pentium4 1.60GHzでもそれなりに動くんだから、キビキビ動くこと間違いなしでしょうからね。

“Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Buildを実機にインストールしてみました” への1件の返信

  1. ピンバック: Tweets that mention Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) Daily Buildを実機にインストールしてみました | BoozerBlog -- Topsy.com

コメントは受け付けていません。