Ubuntu 10.04ではやっぱり”nautilus”が便利。でもモッサリは変わらず

Ubuntu標準のnautilusは9.04あたりからタブが使えるようになりずいぶん便利になりました。また、Linuxの代表的なウィンドウマネージャであるGNOMEに搭載されているので、プラグインが豊富にあったり、Dropboxも対応していたりと、パッケージの追加で様々な拡張ができるので、コマンド知らずで手間をかけたくないボクにはありがたいツールです。もっとも、軽快さを犠牲を払うことになりますが・・・。

ちなみにボクの利用しているプラグインは

  • nautilus-gksu
    右クリックしたメニューから、そのフォルダ、ファイルをルートで開くことができるようになります。Ubuntu Tweakからもインストールできるようになっていました。
  • nautilus-image-converter
    選択した画像ファイルのサイズの変更や回転を行うことができるようになります。ブログ用の画像なんかで加工の必要がないけどサイズを変えないといけないような場合は手軽です。

いずれもメジャーどころのプラグインですね。その他にも便利なプラグインがあれば教えてください。
それとDropboxはもはや必須といってもいいかもしれません。

そんなnautilusが10.04では2画面ファイラとして利用できるようになっています。

[表示]→[拡張ペイン]のチェックで2画面になります。これで今までよりも移動やコピーがラクになります。常に拡張ペインを表示させるにはどうしたらいいんでしょう?2画面ファイラは以前から探していましたが、なかなかよいのが見つけられなかったので標準で使えるようになるのはありがたいです。

もちろんタブも使えます。これまたタブを常に表示させておくにはどうしたらいいのでしょうか?片方のペインでタブを使っていない場合にタブの分、段差ができるのがちょっとバランスが。

両方のペインでタブを使うこともできます。

機能面だけでいえばやはりnautilusは非常によく出来ているといえるでしょうね。ネックはやはり非力なマシンを使っていると顕著にわかる重さですかね。

“Ubuntu 10.04ではやっぱり”nautilus”が便利。でもモッサリは変わらず” への1件の返信

  1. ピンバック: Tweets that mention Ubuntu 10.04ではやっぱり”nautilus”が便利。でもモッサリは変わらず | BoozerBlog -- Topsy.com

コメントは受け付けていません。