Google日本語入力のオープンソース版「Mozc(もずく)」を使ってみる

Google日本語入力、一部がオープンソースに – ITmedia News

Googleは5月11日、「Google日本語入力」の一部をオープンソース化した。Chrome OSのオープンソースプロジェクト「Chromium OS」に組み込む部分が対象で、プロジェクト名は「mozc」(もずく、BSDライセンス)。Ubuntu 9.10/10.04での動作を確認している。

オープンソースといっても、「Google日本語入力」のすべてがオープンソースになったわけではなくて、

Windows/Macintosh版と異なり、同IMEの特徴である、Webから自動抽出した大規模語彙辞書は含まない。同辞書にはGoogleの検索 アルゴリズムを反映するような単語の頻度情報も含まれているため、オープンソース化の対象に含めなかったとしている。

話題の部分が省かれている状態です。

まぁ現状、ATOK以外だと期待して使用するという感じではないので、今後の可能性や期待を含めてインストールしてみました。残念ながら、公式にはパッケージされたものが配布されていないので、ビルドしてパッケージ化してインストールすることになるので、開発系のパッケージをいれたりと手間がかかります。

LinuxBuildInstructions – mozc – How to build Mozc on Linux – Project Hosting on Google Code

すでに皆さんUbuntu 10.04にインストールされているようで、インストールに関する記事もかなりありますね。

ビルド〜インストールといってもLinuxBuildInstructionsにUbuntu用に書かれてあるコマンドをひたすらコピペしていけばインストールされますので、ボクのようなものにも出来てしまうわけです。

ただ、やっぱり手間と時間がかかります。あとでわかったのですが、

Mozc – Google日本語入力のオープンソース版

こちらでパッケージ化して配布してくれています。

Ubuntu 10.04向けのリポジトリはまだありません(openSUSE Build Serviceの対応待ち)
9.10用のdebでも 使えるっぽいですが、ローカルの 10.04 で作った ibus-mozc も置いときます。

ということなので、10.04でちょっと試してみようという場合にはお世話になったほうが便利でしょう。

さて、インストール後に再起動して「IBusの設定」でインプットメソッドを追加してようやくMozcが利用できるようになります。

プルダウンから「日本語」→「Mozc」を選択して「追加」。デフォルトにしたいなら順位を上げてやります。

起動させてみると、質素というよりは、まだまだ貧素です。アイコンすらセットされていません。パッケージを配布してくれているSawaさんのところのモノはアイコンがあったり、人名辞書が入ってあったり、あとで郵便番号辞書も追加してくれるようです。

ibus-mozcのパッケージにtomcatさんのRPMから拝借した アイコンと、UTUMIさんの人名辞書を入れまし た(下に郵便番号辞書もあったのですね。後で入れます)

ますます、こちらを利用させていただいたほうがお得です。

この記事も「Mozc」を使っていますが、まぁそれなりに使えるかなと言った感じです。予測変換はそれ程お世話になっていないのでイマイチありがたみがわかりません。

「うぶんつ」と入力してもさすがに「Ubuntu」には変換してくれません。「ごおgぇ」と入力すとる予測変換で「google」と一発で変換されます(笑

“Google日本語入力のオープンソース版「Mozc(もずく)」を使ってみる” への1件の返信

コメントは受け付けていません。