Chrome(開発版)でもオプション起動なしで、拡張が同期できるようになった

これまで、ChromiumかGoogle Chrome開発版に起動オプションを追加することで可能になっていた、拡張機能の同期が、Google Chrome開発版で起動オプションを追加しなくても利用できるようになっていました。

少なくともボクのところの「ver.6.0.453.1 dev」では利用可能になっていますので、開発版を使用している方はバージョンをチェックしてみるといいと思います。ちなみにOSはUbuntuなのでLinux版でもちゃんと利用可能ということになるでしょう。

“Chrome(開発版)でもオプション起動なしで、拡張が同期できるようになった” の続きを読む