Chrome(開発版)でもオプション起動なしで、拡張が同期できるようになった

これまで、ChromiumかGoogle Chrome開発版に起動オプションを追加することで可能になっていた、拡張機能の同期が、Google Chrome開発版で起動オプションを追加しなくても利用できるようになっていました。

少なくともボクのところの「ver.6.0.453.1 dev」では利用可能になっていますので、開発版を使用している方はバージョンをチェックしてみるといいと思います。ちなみにOSはUbuntuなのでLinux版でもちゃんと利用可能ということになるでしょう。

これまでは、「ブックマーク・設定・テーマ」のみの同期でしたが、新たに「拡張機能」「自動入力」が加わっています。一人で複数のPCを扱うことが多くなっている昨今、ブックマークの同期はそれ程の手間をかけずに行うことが出来るようになって久しいですが、拡張機能の同期には何かと手順が多くお世辞にも手軽に出来るという状態ではなかったので、ブラウザ自身にこういった機能が搭載されるのは、非常にありがたいですね。

実際に同期にどの程度の時間を要するのかまで、1台しかアップデートしていないので試せてません。今後もっとChromeを使う機会が増えそうです。が、右クリック(コンテキストメニュー)が拡張されないのが、どうにも使いづらくデフォルトブラウザの地位に付けずにいるんですねぇ。