Google Chromeのフォントを強制的に指定する

たまたま、覗いていたサイトのFlash部分がどうやらMSフォント(詳しくないのでよくわかりませんが、Winからだと大丈夫だったので)を指定してるようで、Ubuntuからは文字化けしてキチンと閲覧出来ないという状況に出くわしました。

かなりグレーではありますが、HDDに格納されてあるWinXPからMSフォントをお借りしてみました。同じPC内だから等と理由をつけて・・・。

お借りしたMSフォントを「/home/ユーザー/.fonts」に一時的に保存して、同じサイトを開いてみます。FirefoxでもChromeでも、今度は文字化けなしで表示されました。やはりフォントが原因だったようです。これでMSフォントはお役御免となるはずでしたが、Chromeの使用中に気になることがありました。

Chromeの設定でフォントを「TakaoEXゴシック」に指定しているにも関わらず、テキストは「MSゴシック」で表示されてしまいます。アンチエイリアスの効いていないひどくシャギーな状態です。どうやらサイト指定のフォントを優先的に読み込んでいるようです。これまでは、MSフォントを表示させようにも、そもそもインストールされていなかったので、Chromeで指定しているTakaoフォントで表示されていたということでしょう。

やはりキレイなフォントで閲覧したいのが心情というか、すでにその状態に慣れているので、これは何とかしてみたい(MSフォントはいつまでも入れておけないが、そもそも、特定のフォントでしか閲覧出来ないサイトなどにもう用はない)。

とりあえず、検索してみると「Change Font Family Style Extension」という拡張で実現出来ることがわかった。が、しかし、ページの読み込み時は、MSフォント(サイトで指定されたフォント)で表示され、その後に拡張で指定したフォントで再読み込みをおこなっているようで、どうしても、一瞬ではあるが、忌まわしいMSフォントを目にすることになる。さらに何とかならないものかと検索してみる。

やはり、同じようなことを試している方がおられました。

thikasa note: Chrome でフォントを強制指定する方法が

前述の「foo.jp」のコードを見るとわかるのですが、これ、HTML ドキュメント内の element に CSS で Font Family の設定をしているのですね。
アルゴリズムも単純にループして探してます。なのでちょっと時間かかりそうな処理。
なので、最初にページを表示した時は、本来のフォントで表示され、ページのロードが完了した後、フォントが切り替わる、という動作になります。

これがちょっと気になります。
というかキモチワルイです。

もっとこう根本的に表示するフォントを変えるタイプがいいのですが…。

そう確かにキモチ悪いのです

それをどうするのか?

thikasa note: 続 Chrome でフォントを強制指定する方法

先日、ふと Chrome のディレクトリをあれこれ見ていたら、C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default に、User StyleSheets なるディレクトリを発見。
そしてその中にあるのは Custom.css という名前のファイル…これひょっとして…と思って先の拡張機能と同じようにフォントの指定をしたら…。

できましたフォントの強制指定。

どうやら「Custom.css」を編集することで可能のようです。Ubuntuの場合には、

こちらに「Custom.css」があります。この中に、

フォントファミリーを追加するといいようです。フォントはお好みで。
さて、Chromeを再起動してみると、キモチ悪いリロードも発生せずに、指定したTakaoフォントで表示されるようになり、MSフォントを必要とするサイトも無事閲覧することが出来るようになりました。

Chromeのフォントが思い通りにならないという方はお試しあれ。
ということでMSフォントはお役御免となりました。

ちなみにFirefoxで気にならなかったのは、フォントの詳細設定で「Webページが指定したフォントを優先する」というチェック項目を外してしたからでした。

Chromeにもせめてコレくらいの設定はあって欲しいと思うでありました。

“Google Chromeのフォントを強制的に指定する” への1件の返信

コメントは受け付けていません。