Linux Mint 12 RC をVirtualBox にインストールしてみた

Linux Mint 12 RC: The Greatest Hits

こちらでRCが出ているのを知ったので、VirtualBox上にインストールしてみました。

インストール自体はUbuntuと変わらないので簡単に行うことが出来ると思います。ただ、インストール時に日本語を選択しても、インプットメソッドはインストールされませんので、「システム設定」→「言語サポート」を選択すると日本語サポートのインストールで「ibus-anthy」も入り日本語が使えるようになりますが、普段、mozcを使っているので追加しました。

インプットメソッドの設定で「言語パネルの設定」を「メニューに組込む」にしているとアイコンが☓印になるので、「アクティブの時」か「常に」にするとすっきりします。

そして、日本を入力を使用するための重要ポイント!!

  • ibus-gtk3をインストールしてください。

anthyでもmozcでもインストールすれば使えるようにはなりますが、変換候補が左下に表示されて使い物になりません。インライン変換が出来るようにするために必要です。デフォルトでibus-gtk(GTK2用)だけが入るようです。ちょっと不確かなので、インライン変換できない場合は確認してください。

その後、Ubuntu Japnese Teamのリポジトリを追加して日本語環境を補強しておきました。

Gnome-Shellがデフォルトですが、拡張が追加されているので、通常のものとは別物ですね。

MGSEというメニューでアプリを起動できます。Gnome2のメニューと操作感は一緒です。

画像ではShutterをインストールしてメニューのお気に入りに追加してます。あと、Firefoxの検索にGoogleを追加しました。

Linux Mint 12の新機能については下記。
New features in Linux Mint 12 – Linux Mint

Mintは通常版をインストールすれば、flashもコーデックもSun Javaも入るのでUbuntuのように後で入れるのが面倒という場合や、Unityが合わないという場合には導入も楽なので選択肢の一つにしておくといいと思います。

ただ、Mint固有の問題については日本語の情報が少なくなるので、そこは注意が必要かもしれませんね。