RhythmboxのCoverArtプラグインが32bit版でも使えるようになった

CoverArt Browser Rhythmbox Plugin Ported To GTK3 ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog
紹介されていたRhythmboxのCoverArtプラグインですが、記事をみた時は64bit版限定だったため利用することができませんでした。

先日、提供元のgithubを覗いたところ32bit版にも対応したということだったので適用してみました。
fossfreedom/coverart-browser · GitHub

  • NEW – 32bit support now available
  • NEW – icon-tooltip now show all the track artists for multi-artist albums
  • NEW – automatic album focus when right-click an album to display album choices.
  • … and a number of bug-fixes as well.

Ubuntuの場合にはサードパーティ製のプラグインをまとめて導入できるリポジトリがあり、その中にCoverArtも含まれているので、ボクはプラグインを有効化するだけで使えるようになりました。

サードパーティ製プラグインを利用する

これで、リポジトリにあるプラグインをすべて導入することが出来ます。あとはRhythmboxのプラグインから好きなものを有効にするだけです。

サードパーティ製プラグインを個別に導入する

Rhythmbox Third-Party Plugins Ubuntu PPA ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog
こちらで個別のプラグインの導入が説明されています。

CoverArtのみ導入する場合は上記のようになります。

  • カバーアート
  • このトラックで停止
  • イコライザー
  • コンテキストペイン
  • 歌詞(lLyricsでデフォルトの「楽曲の歌詞」ではありません)

以上のプラグインを有効にした状態です。中にはもともと搭載されているものもあるはずですが、どれだったかわからなくなりました(^_^;)

カーバーアートについてはタグ埋め込みにしていてフォルダに画像がない場合には、再生しないとカバーが表示されないかもしれません。また、カバーアートがどういう順序で並んでいるのかもわかりません。アルバムタイトルでも、アーティスト名でもなく、更新日時でもなさそうです。そうした並べ替えが出来るようになるといいですね。

 

“RhythmboxのCoverArtプラグインが32bit版でも使えるようになった” への1件の返信

  1. Hi – I’m the co-author to this plugin. thanks for the writeup.

    If you are able, would you be able to help-out doing a bit of translation for us? You can then have your screenshots in japanese or any other locale you wish. Just create an issue on our GitHub page and we’ll send you the translation file for the next release.
    Many thanks.

コメントは受け付けていません。