Android Google日本語入力にGodan キーボードが追加

AndroidのGoogle日本語入力にアップデートがあり、Godan キーボードという新しい日本語入力が追加されました。

入力方式としてはローマ字入力で、母音と子音の組み合わせなのでPCでQWERTYを使っているので、組み合わせに悩むことはありません。スマートフォンからではQWERTYだとキーが小さくて余計なミスタッチが増えたのでこれまではケータイ入力+フリックを使っていましが、右手人差し指中心過ぎて疲れるので新しいものを使って見ることにしました。

文字の組み合わせに悩むことはありませんが、キーの配列に慣れないので、今のところはストレスが溜まります。しばらく使ってみたいと思います。

1分半のビデオで操作説明があります。

Godan キーボード – Google 日本語入力 ヘルプ
こちらで詳しく説明されています。

面白いと思ったのが、「その他のアルファベットの入力方法」

「あいうえお」、「かさたなはまやらわ」とその濁音/半濁音(がざだば/ぱ)を表すアルファベットは上で説明したとおりです。それ以外のアルファベット (C, F, J, L, Q, V, X)はすべて上フリックで入力できます。各アルファベットの配置に厳密なルールはありませんが、以下のように考えると覚えやすいです。

配置に厳密なルールがない・・・してその覚え方は、

  • Q, J, C, F について
    • Q: クァ(QA)はカ(KA)に似ているので [K キー] の上フリック
    • J: ジャ(JA)はサ(SA)に対応する拗濁音なので [S キー] の上フリック
    • C: チャ(CHA)はタ(TA)に対応する拗音なので [T キー] の上フリック
    • F: ファ(FA)はハ(HA)に似ているので [H キー] の上フリック
  • L, X, V について
    • L: L の次のアルファベットは M なので [M キー] の上フリック
    • X: X の次のアルファベットは Y なので [Y キー] の上フリック
    • V: V の次のアルファベットは W なので [W キー] の上フリック

似てるので・・・言われてみれば確かにそうだ

この方式がどれだけ普及するかわからないので、へたに慣れるとちょっと怖い気もします。新しいものを試してみたい方は使ってみてはどうでしょうか?

Google 日本語入力 – Google Play の Android アプリ