mozcの辞書を同期したいが良い方法はないものか?

2013年最初の投稿になります。もうどんなネタを扱っていけばいいのかさっぱりわからず更新頻度もひどいことになっていますが、今年もほそぼそとやって行きたいと思いますので宜しくおねがいします。

Ubuntuでの日本語入力は「Google 日本語入力」のオープンソース版である「mozc」を愛用していおりますが、オープンソース版ということで、インターネット上の辞書から変換候補を表示するとか辞書の同期をするとかいったGoogle先生の機能を利用することができません。それでも変換精度のよさなどから便利に利用しています。

それでもやっぱりユーザ辞書は同期されるほうが使いやすいので、少し試してみました。

辞書のインポートとエクスポートではない

mozcにも辞書のインポートとエクスポート機能はあります。Mozc_mune_002

ただし、この場合エクスポート後に別のPCにてインポートする必要があり、また、どちらかの辞書に変更を加えた場合にも同じ作業をする必要があり面倒ですね。

辞書データベース自体をDropboxで同期してはどうか?

いずれかのPCで辞書に変更を加えれば他のPCにも反映されるようにしたいので、「user_dictionary.db」をDropboxに移動してシンボリックリンクを作成します。

ホームフォルダで隠しファイルを表示するとあらわれる「.mozc」ディレクトリ内にあります。一見これで大丈夫のような感じですが、「.mozc」ディレクトリ内に「user_dictionary.db」がないと自動生成されてしまいます。これだとDropboxに移動した「user_dictionary.db」を読み込んでくれません。

ならば Ubuntu One を使ってはどうか?

Ubuntu One の場合、好きなディレクトリを同期対象にすることが出来るので、「.mozc」ディレクトリを選択します。で、これで確かに同期は出来るようになるのですが、ディレクトリ毎というのがクセモノで、入力のたびに「.history.db」やら「.registry.db」やらに変更が加わるので、それが丸々アップロードされてしまいます。もう、これでもかというくらいOSDが表示され、「ファイルの同期が完了しました」「ファイルの同期が完了しました」とアナウンスされます。OSDを切るという選択もあると思いますが、特に同期して欲しいわけでもないファイルが裏でリソース喰って通信しているというのは誠に気持ち悪い。

結局、今のところコレといった方法が見つけられない

同期して欲しいのは辞書だけで履歴なんかは必要ないのです。mozcのソースコードには同期の機能が入っているという話も耳にしたことがあるので、ここはもうmozc自体に期待することにします。でも、同期するサーバってどうなるんでしょうね?

いい方法があれば教えてください。