Ubuntu 13.04 でインストールしたgksuの挙動がおかしい時の対処

Ubuntu 13.04 をインストール後、黒い画面の苦手なボクはいつものようにNautilus上で右クリックから管理者権限でファイルを開くようにするべくNautilus actions extraをリポジトリを追加してインストールしようと思いましたが、インストールがなんかうまく行きませんでした。

TRIMやらProfile Sync Daemonやらの設定ファイルをいじらないといけないので、ここは仕方なく「gksu」を使って編集してみようとコマンドを入力したところ、「gksuはまだ入ってないからインストールしてね」と言われてしまいました。13.04じゃ最初から入ってるんじゃないんですねぇ(泣)

を素直に入力してインストールして、

としてみるも、なにやら見慣れない画面が開き、パスワードを入力するも、お目当てのgeditが起動しません。

sudo – Why is gksu no longer installed by default in 13.04? – Ask Ubuntu

さすがはAsk Ubuntuです。

gksuをインストールしたあとで「gksu-properties」を設定するればいいよとのこと。

Privilege_granting_preferences_002

こんな画面が開きますので、認証の種類で「sudo」を選択して閉じれば無事パスワード入力でお好みの操作が出来るようになります。

ただし、推奨されない方法のようですので、上記Ask Ubuntuの回答をよく確認してみてください。