Ubuntu 13.04 でインストールしたgksuの挙動がおかしい時の対処

Ubuntu 13.04 をインストール後、黒い画面の苦手なボクはいつものようにNautilus上で右クリックから管理者権限でファイルを開くようにするべくNautilus actions extraをリポジトリを追加してインストールしようと思いましたが、インストールがなんかうまく行きませんでした。

TRIMやらProfile Sync Daemonやらの設定ファイルをいじらないといけないので、ここは仕方なく「gksu」を使って編集してみようとコマンドを入力したところ、「gksuはまだ入ってないからインストールしてね」と言われてしまいました。13.04じゃ最初から入ってるんじゃないんですねぇ(泣)

[shell title=”Linux terminal:~$”]sudo apt-get install gksu[/shell]

を素直に入力してインストールして、

[shell title=”Linux terminal:~$”]gksu gedit /hoge/hogehoge[/shell]

としてみるも、なにやら見慣れない画面が開き、パスワードを入力するも、お目当てのgeditが起動しません。

“Ubuntu 13.04 でインストールしたgksuの挙動がおかしい時の対処” の続きを読む