ある人は「美しい」と言い、ある人は「ジェラシーさえ感じる」と言う。ペンチを買った

いままでペンチ、ラジオペンチ、斜ニッパは花園工具のモノを愛用してきました。高いって程でもないけど安くもない。消耗品だと考えるとまぁコストパフォーマンス的に妥当かな?性能的にもって理由で使っていました。

今回ペンチにガタが来ていたので買い換えることにしました。同じものにしようかと思いましたが、キャッチコピーにやられたのでマルト長谷川工作所のペンチにしてみました。

ザ・ペンチ

  • ペンチは遂に、ここまで進化した!
  • ザ・ペンチを知らずして、ペンチを語る無かれ!
  • ある人は「美しい」と言い、ある人は「ジェラシーさえ感じる」と言う。

どうですか?すごいでしょ?

penchi02

これまで使ってたやつはカシメ部分もガタついて、刃も切ってはいけないものを切ったせいで欠けています。外被剥き用の穴じゃありませんよ。これだとVVFケーブルが当然一発で切れません。

今回購入したのはハイグレードハイレベージペンチというやつで省力設計でVVF(3芯)がラクに切れる。そして、「高級グリップ」を搭載したというフラグシップモデル。

ケイバ ハイグレードハイレベージペンチ

実は「高級グリップ」じゃないタイプもあるんですが、ボクはてっきり絶縁グリップだと思ってたんですね。それで多少お高いこちらを購入したんですが別に絶縁じゃないみたいなんでちょっぴり後悔しています。

新旧揃い踏み

とりあえず並べてみました。サイズはどちらも呼び寸法で200mmです。ケイバの新しいやつのほうが軽いです。

VVF3芯2mmを切ってみると・・・うむ、これまでのペンチと大差ない。まぁ、200mmのペンチってこんなもんだよなって感じです。ハイレベレージじゃなくてもよかったかなぁ。

でもこっちだとVVF3芯2mm切るのにもうちょっと力いるのか?軽くなったということで良しとしましょう。

ペンチと一緒に先日、雪の中に落としてなくしてしまったラジオペンチも買いました。

同じシリーズにしてみました。これもグリップが絶縁だと勘違いしてたんですね。ちょっと高く付きました。

あとは斜ニッパも新しいのが欲しいんですけど、ハイグレードシリーズには設定がないので、物色中です。