Wera のラチェットドライバーを買う

本当はCPUクーラー交換の時に試したかったのですが、届いたのが後になったのが残念ですが、これから仕事で使い倒すことになるので、良しとしましょう。

以前からラチェットドライバーは使用していましたが、便利ではあるが満足感が足りない。

今使ってるのがこいつです。

IMG_20140916_110456

左右の切り替えがグリップのヘッド部にあるため、片手で切り替えができないし、ロック機構もないので、調整のために締めたり緩めたりするのが面倒です。利点は価格の安さと、両頭ビットが使えるということ。

多少の不満を抱えつつ使ってきたドライバーですが、最近、左右の切り替えしたときにギアが空転すること時があり、そのたびに切り替えをカチャカチャしなければならなくなってしまいました。

そこで気になっていた高級品に手を出すことにしました。

5000円オーバーです。さすがは高級品。

IMG_20140916_110347

高級品だというのに梱包は貧相です。緩衝材もなければケースになっていることもない。能書き書いたペーパーの1枚すらありません。

IMG_20140916_110424

側面にラベルが貼られるいるだけです。

IMG_20140916_110521

箱から出してみました。本当に出しただけですね・・・。

IMG_20140916_110538

ビットを取り付けてみました。クイックリリースチャックになっているので、間違ってビットが抜けるということもありません。ヘッド先端が左右の切り替えになっているので片手で操作することもでき、ロック機構もあるため普通のドライバーとして使うことも出来ます。ただし、両頭ビットは使えません。

IMG_20140916_110556

並べてみました。Wera 816RA がいかにデカイかわかりますね。クイックリリースがないタイプのもう少しお安いモデルもあるようですよ。アネックスのはビットを含めた全長が190mmです。Wera 816RAは100mmビット装着で230mm程あります。持った感じだけでいけば80mmビットが良さそうです。

購入前から重いだろうなぁとは思ってましたが、予想以上に感じられます。アネックスの方はビットを含めて160gほどで、Wera 816RAはヘッドのみで120g、ビットはこちらのほうが軽いので同程度かむしろ軽いくらいのはずですが、重心のせいかずっしりと重く感じます。

使い勝手は値段に応じてWera 816RAの方がやはりいいですね。ラチェット機構のガタつきが非常に少なく安定しています。というか消耗品の工具に高いお金をかけたので、良いものだと思い込むしかないという事実が大きかったりします。

“Wera のラチェットドライバーを買う” への2件の返信

  1. 毎度さまです^^
    ブラックダイヤモンドも出てたんですね。
    ダイヤモンドビットでもなかなか良かったです。
    いかんせん消耗品、田舎じゃ店舗で買えないので、常用には至りませんでした(泣)
    でも、ボクもブラックダイヤモンドビット使ってみようかなぁw

コメントは受け付けていません。