Ubuntu で Gyao を観た ※追記あり

※現在この方法では視聴できません。
Ubuntu で Gyao 改訂版 – Firefox編 –
こちらの記事をご覧ください。

年が明けてからは、午前中に2時間ほど雪かき、そして雪捨てで汗だくになり、疲れて出かける気にもなれず、昼から風呂入ってビール飲んで蕎麦食ってと自堕落なローテーションが確立していました。

そんな腐った生活で録り溜めてた番組もなくなり、暇つぶしに何を使おうかと思っていたら、Gyao で「踊る大捜査線」の劇場版をやってるというの知りました。でも、Ubuntu からだと User Agent 偽装しても Android で小さい画面で観るのが精一杯だったはずだよなぁと思いながら検索してみると普通に観ることが可能だということがわかりました。

http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-584.html

UbuntuでGyaO!が「普通」に視れる

方法は上記サイトに詳しくのってますが、とりあえずメモ。あ、Firefox でのお話です。

  1. Flash Player を最新版にする。と言っても Linux版は開発停止してからしばらく経つので、サポート期間内の Ubuntu なら気にすることはないはずです。
  2. User Agent Switcher をインストールして Firefox を再起動。
    1. 新しい User Agent を作成します。
      Descriptions : ”Firefox3 Win7” などとします(わかれば何でもいいです)。
      User Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:23.0) Gecko/20100101 Firefox/3.0
  3. User Agent を偽装したいサイトに行って、使いたい  User Agent を選択してリロードすると適用されます。

以上で Gyao をUbuntu から楽しむことが出来るようになりました。もちろんフルスクリーンにしても大丈夫ですが、解像度があれなんで、まぁ、観れるという程度です。但し、全ての動画が視聴できるかはわかりませんので注意してください。

ちなみに参照サイトでは Opera だと何もしてなくてもそのままで大丈夫ということでしたが、ボクの場合はやっぱりOS判定で弾かれました。Oprea のバージョンによるものなのか、自環境の違いなのかは検証してません(汗

User Agent Switcher はありがたいんですが、ドメイン毎とかサイト別で User Agent を設定できないので、自分でデフォルトに戻さない限りずっと偽装したままの状態になります。Windows用のFirefox を指定しているので、まぁ使えないとこはないのですが、見慣れたサイトのレイアウトが変わっていたり、古いバージョンを指定しているのでこんなことになる場合も有ります。

wordpress_dash_firefox_old_ver

というわけで、ドメイン毎なんかで設定を変えてくるのがあればと思っております。ちなみに Chrome では、そういった機能を備えているものがあるようですが、メインブラウザーではないので試してません。

※追記(3/24)

3/16 にプレイヤーが新しくなったらしく、User Agent を偽装した状態で観れなくなってました。

とりあえず、Firefox の推奨バージョンが「17」以上となっていたので、上記で設定た User Agent の末尾を「17」にして試してみました。

「User Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:23.0) Gecko/20100101 Firefox/17.0」

この状態だと「お使いの環境では、映像を視聴できません。」のメッセージはでませんが、Flash を最新版にしろというメッセージが出ます。

screenshot-gyao-flash

Linux版の Flash はご存知の通り更新されていませんので、Windows版の最新版(15以上)を入れるなどの対応が必要そうです。あるいは Chrome で User Agent を偽装すればいけるかもしれません。

あとでこれらの方法を試してみたいと思います。