Ubuntu で Gyao 改訂版 ー Firefox編 ー

気がついたら、これまでの方法で Gyao を視聴することが出来なくなっていました。正確な原因はわかりませんが、Gyaoプレイヤーが新しくなったからではないかと思ってます(視聴環境の更新)。

インフォメーション:映画、海外ドラマ、アニメほか|GYAO![ギャオ] より

そこで対応策がないか試してみました。

状況

これまでの方法では、「お使いの環境では、映像を視聴できません。」というメッセージが表示される。

対処その1 「User Agent」の変更

  1. 視聴環境の確認」をする。
    Firefox 17 以上、Adobe Flash Player 15 以上
  2. User Agent を登録する。
    “Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0”
    バージョン17以上であれば大丈夫そうです。
  3. User Agent を偽装した状態で動画にアクセスしてみる。

    この段階で User Agentの偽装自体は有効であることがわかるので、Flash を最新版(15以上)にすれば視聴できるのはないかと考える。

※ドメイン毎に User Agent を偽装するには以下の2つの拡張を利用するのがよいようです。

対処その2 「Flash」を最新版にする

Pipelightを使って「Flash」を最新版にします。

※参考サイト

Pipelight のインストール

「–update」を行って最新のものを使うようにする。

Flash の有効化

32bit版

有効化したあと Firefox を再起動する。

64bit版

64bit版はまだ実験段階ということで有効化する前に「 –unlock 」をする必要があります。ボクの環境では、64bit版を使っています。

Adobe Flash Player plugin installer のアンインストール

技評社のページにもあるとおり Pipelight で Flash をインストールすると、「Flash Player 11.2」と最新版「Flash Player 17.0」が混在する形になります。

Youtube だと混在状態でも新しい方が適用されているみたいでしたが、Gyao では相変わらず最新バージョンのインストールが促されます。そこで、Firefox の設定から「Flash Player 11.2」を無効してはどうだろうかと思い実行してみましたが、どちらか一方を無効/有効にすることができませんでした。

そこで、元々ある「Adobe Flash Player plugin installer」をアンイストールして結果、Gyao で動画を視聴できることを確認したました。

問題点

文字化けする箇所がある。これは、Youtube でも Gyao でも確認しました。おもにコントローラ周りやガイドに関する部分で発生しているようです。

「~/.wine-pipelight64/drive_c/windows/Fonts」(64bit版の場合です。32bit版は「~/.wine-pipelight/drive_c/windows/Fonts」になります。)にMSフォントを入れることで解決しましたが、ちょっと怪しい方法なので、解決策としては保留ということにしておきます。

おわりに

Pipelight による不具合は今のところ遭遇していませんが、特にボクのように実験段階の64bit版を使ったりしてると何が起こるかわかりませんので正直なところあまりおすすめはできませんので、試す場合にはありきたりですが、自己責任でお願いします。

 

“Ubuntu で Gyao 改訂版 ー Firefox編 ー” への1件の返信

コメントは受け付けていません。