「重要 – Amazon.co.jpアカウント、パスワード変更のお知らせ」メールが届いた

今朝、プライム・ビデオのウォッチリストで「期限切れ」の対象になってるのがないか確認しようと Amazon にアクセスしたら、ログイン画面に飛ばされて、「Eメールアドレスかパスワードが違います」とでてログイン出来ませんでした。

焦りましたね。

ここはまず Amazon から何か連絡があるかもしれないとメールをチェックしたら、重要 – Amazon.co.jpアカウント、パスワード変更のお知らせというメールが届いていたというわけです。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
※ このメールには、お客様のアカウントについての重要な情報が含まれていますので、最後までよくお読みいただけますようお願い申し上げます。
Amazon.co.jpでは、当サイトのプライバシーポリシーに基づきお客様のアカウント保護、プライバシー保護に細心の注意を払い、システムの強化とモニターに日々取り組んでいます。

このたび行った定期モニターの結果、Eメールアドレス、パスワードの一覧をインターネット上で無作為に掲載しているページが見つかりました。発見された内容はAmazon.co.jpとは一切関連がございませんが、同じパスワードを複数のサイトにてご利用されているお客様も多くいらっしゃり、当サイトでもしも同じパスワードを使用されている可能性がある場合には念のためお知らせすべきであると判断したため、ご連絡させていただきます。

お客様のAmazon.co.jpアカウントにつきましては、お客様以外の第三者による不正アクセスを防ぎ、お客様の情報と安全をお守りする目的から、当サイトにて念のため パスワードを一時変更させて頂きました。
お手数をおかけ致しますが、今後、当サイトをご利用いただくためには、以下の手順にて、パスワードの再設定をしていただく必要がございます。(以下略)

定期モニターの結果、どこのサイトで利用している Eメールアドレス、パスワードかはわからないけど、Eメールアドレス、パスワードの一覧を掲載しているページを見つけたから、念の為、パスワードを一時変更したから、パスワードを再設定してくださいという内容でした。

しかし、送信元が「amazon.com」で内容が「amazon.co.jp」に関するものでしたので俄には信じられませんでした。とりあえずパスワードは変更したほうがいいだろうと、ブックマークしてある Amazonサイトからパスワードを再設定しました。

パスワードを再設定したものの、発見された「Eメールアドレス、パスワードの一覧を掲載しているページ」に自分のものが掲載されていたのか気になるところです。

そこで Amazon に問い合せてみました。

  • 発見された一覧掲載のページに、自分の Eメールアドレス・パスワードと一致したものがあったため、パスワードの再設定を促されたのか?
  • 単にEメールアドレス・パスワードの一覧を掲載しているページを発見したので、注意喚起のためにパスワードの再設定を促されのか?

ご連絡いただいた件については、tahatthi様の情報が発見されたということではなく、Eメールアドレス、パスワードの一覧をインターネット上で無作為に掲載しているページにtahatthi様の情報も掲載されている可能性があるため、注意喚起としてご案内をさせていただいておりました。

という回答を頂きました。

  • 発見されたページに自分の情報はない
  • ただし、Eメールアドレス、パスワードの一覧をインターネット上で無作為に掲載しているページが他にもあれば、そこには掲載さている可能性もあるので注意喚起をした

ひとまず安心しました。
Amazon から重要 – Amazon.co.jpアカウント、パスワード変更のお知らせが来たからといって、自分の情報が漏れたというわけではないようなので、慌てずに、とりあえずパスワード変えておくか、位で対処したらいいと思います。
(Amazon の場合、第三者にアカウントが利用されたような場合は、Amazon から、別にメールが届くようですね。)

パスワードマネージャーを使うようになって、だいぶ、同じパスワードを使わなくはなりましたが、利用頻度の低いものなどは変更されていない可能性もあります。パスワードを定期的に変更するといっても、パスワードを使うサイトが膨大で、すべてを定期的に変更するというのも現実的ではありませんね。

便利にはなりたいけど、情報漏洩はキツイ、なかなか簡単ではありませんね。

“「重要 – Amazon.co.jpアカウント、パスワード変更のお知らせ」メールが届いた” への2件の返信

  1. 自身もamazonで不正利用の経験ありますが、周囲にも2度3度と不正利用の経験をもった人がいるくらいですからね~。
    それだけ不正利用被害が多いからamazon自身でパスワードの使い回しが無いかチェックしているのでしょうけど、巧妙なフィッシングサイト、ウィルスもあり、焼け石に水なのでは。

    amazonはアカウント乗っ取られたらワンクリックで登録したクレジットカード使ってショッピング、ですからね~。
    これからも被害出し続けるでしょう。

    ま、不正利用があってもamazon自身に痛みは無く、全て店子ですからね。
    amazonからは迅速出荷を求められろくに本人確認もできないから被害続出です。
    一度は出店したが、不正利用により信用を落とすのが嫌で、出て行くお店も多いから。

    それと、クレジットカード情報は登録しておかないほうが懸命です。

  2. クレジットカード情報を登録しないのはいいですよね。
    定期便なんかを使ってる人はそういうわけにはいかないでしょうけど。

    利便性とリスクを自分で線引きして利用するしかないんでしょうね。

コメントは受け付けていません。