「四十の手習い」トレッキングを始めよう

年々、不健康まっしぐらで、「体力の限界、気力もなくり」と言って現役を引退することが出来るわけではないので、まずは時間の取れる日に4km前後のウォーキングを週3〜4で行ってきました。まぁ、ウォーキングというより散歩に近いですが。

こういったことを日常にすればいいのでしょうけど、歩きやすいところを探してると大体、日々のコースが決まってマンネリ化してモチベーションが保てなくなります。
もう少し、趣味的な要素を加えられたらと思いついたのがトレッキングでした。

クルマで1時間も行けば、八幡平やら十和田湖やらトレッキングには事欠かない。大好きな温泉ももっと楽しめるはずです。

予算と目的を考える

トレッキングから本格登山・・・カッコイイですよね。百名山、三百名山、素敵です。

カネがかかりすぎんのじゃ!

かのカリスマ・メカニックのように、打ちひしがれた自転車を再生させる(この時点ですでに趣味入ってますねぇ)スキルがあるはずもなく、打ちひしがれたトレッキングシューズを使えるわけでもないので、ここは素直に低価格である程度の道具を揃えることにします。

低山をターゲットに、最初は2〜3時間から、最長でも5〜6時間の行程を想定して装備を揃えたいと思います。
予定も長期的に考えるのでなく、週末天気が良さそうだから行こうとか、クルマ移動中に雨降ったら温泉だけにするくらいのスタンスです。

  • 夏山
  • 天気がよい
  • 最長で日帰り
  • 思いつきで行ける範囲

このくらいの場所をカバーできる装備を格安で揃えていきます。目標は3万円以内!!

手持ちも使って装備を揃える

なんでも登山(トレッキング)の「三種の神器」と呼ばれる装備があるそうです。

  • トレッキングシューズ
  • ザック
  • レインウエア

このうち、雨のことはあまり想定していないので、レインウエアについては、仕事で使うワークマンの合羽で間に合わせます。まともに山用のレインウエアを購入したら、それだけで3万円を超えるなんてことも・・・

その他にも、Tシャツ(半袖、長袖ともに)は即乾ものを持っているので、そのまま流用(ユニクロも使います)、なぜか山用のハーフパンツは持っているので暑い時にはコレを使い、薄手のウィンドブレイカーは仕事の時にも着ているものがあります。

ウェアであった方が良さそうなのはロングパンツくらいです。

難点は、持っているウェアがラグビー関連だったり仕事用だったりなので汚れが目立たないように色が濃紺とか黒が多いこと・・・ハチがコワい・・・

三種の神器次ぐ第四のツール

最近はトレッキンポールが重要らしい・・・

確かにウォーキング程度しかやってない身としては歩行の補助があった方がよさそうです。さらに、左膝の前十字を再々建まで経験しているし、半月板にも歪みがあるので膝への負担を減らすのに役立ちそうです。

購入予定リスト

  • トレッキングシューズ
  • ザック
  • トレッキングポール
  • ロングパンツ(予算次第で優先度は低い)

次回、購入編に続く・・・

“「四十の手習い」トレッキングを始めよう” への2件の返信

  1. 格好から入る方ではないのですが、何という名称か知りませんがあのロングパンツは効果大です。自転車でも使用していますが、汗対策としても疲れ対策としても有効だと思います。

    少々お高いのを奮発してみては?w

    で、冬はどうするんですか?www

  2. 実はモノはすでに発注してるんですw
    もちろん格安のコンパーチブル(ハーフパンツになるやつですね)。

    トレッキングパンツ的なのはストレッチものが強く推奨されていますよね。
    ストレッチ素材のやつは持ってはいるんですが、想定している行動域からすると
    即乾性が高ければストレッチまではいらないかなぁと。
    むしろ自転車のほうが脚の動きが大きいのでストレッチ素材の恩恵を受けそうですね。

    冬は・・・夏みたいに汗かいても、まぁTシャツ替え持ってるからいいやとはいかないので、
    コストを抑えるのが大変なんですよねぇ。
    ウェアのことは追々考えるとして、長靴トレッキングですかねぇ。

コメントは受け付けていません。