涼を求めて山にいったはずなのに

[tegaki]蒸し暑いのじゃ!![/tegaki]

8月7日(日)、天気予報でもかなり暑くなるということだったので、ここは例によって山にダイエットがてら涼を求めに行ってみようと、朝6:30に家を出た。

外はこの時点で暑かった。この時は徐々に涼しいところに向かうのだと思っていたのに・・・

さて、いつもの八幡平は「十八駅伝」の開催で混雑しそうだったので、ここは山をかえてみることにする。

森吉山のヒバクラコースというところを選んでみた。理由は他のコースより人が居ないはずということと、道中に温泉があること。

人気というかメインと思われるコースは、移動時間が30分ほど短いのだけれど、近くに温泉がない。

移動に2時間のはずが、登山口を見つけられず15分ほどロスしてしまった・・・。携帯も繋がらないのでGoogleマップをナビにしているので、再検索も出来ないという・・・。

それでも8:30には登山を開始することができた。

森吉山ヒバクラコース [山行記録] – ヤマレコ

移動距離と活動時間からみると、まずまずの山行のように思えるが、なかなか大変でした。

ほぼほぼ樹林帯のなかを歩くのだけど、この日は日影でさえ蒸し暑い・・・樹林帯なので風の抜けもよくない・・・。2Lの飲み物を持っていったのだけど足りなくなるかもしれないとは思っていた。それでも下山で水場に寄れば十分だろうと。

ところが山頂での食事でペットボトルのお茶を丸々一本飲んだものだから、下山開始1時間で飲み物が尽きるという非常事態が発生!

水場はまだかと地図を何度もみる・・・ようやくたどり着いた水場はまさにオアシス! 飲めんだろうな?と思いつつ脱水・熱中症で動けなくなってはかなわん。なんせ、山頂以外で「こんにちは」をしたのは、往復それぞれ1組だけという寂しいコース。

どうにか、お腹も壊さず無事下山。緊急時のために浄水器の用意も必要だろうか・・・

下山後、酷道を30分程運転して温泉へ

国民宿舎 森吉山荘

小又峡、太平湖、森吉山周辺の宿泊なら奥の湯 森吉山荘

最近は下山の温泉を愉しむというより、水風呂を愉しんでるという気がする・・・。

森吉山荘のトイレで

トイレの貼り紙

これは初めて見たw

温泉入った後、16時を過ぎていたのだけど、1時間ほど停めていた車内は恐ろしく暑い・・・エアコンつけっぱなしで運転して帰宅時に車から降りた時は悲惨でした・・・。