Kodi v17.0 “Krypton” beta にしたらガラッと変わってた

前回の記事は元々、Fire TV (Stick)用のサードパーティのアプリランチャーをインストールするために adbLink を使おうとしたのが始まりだった。

で、 AppStarter をインストールをしましたよ。これは以前は”FireStarter”という名前だったんですが、amazon から一度締め出しというか、まぁ、使えなくなってたんですが、対応したみたいだったので改めてインストールしたというわけです。

ボクは Fire TV (Stick) に野良アプリどころかストアのアプリもほとんど入れてません(プライム・ビデオ と時々の Hulu でお腹いっぱいです)。なので、”AppStarter”をアプリランチャーと使うメリットがほとんどありません。

しかし、Kodi (まぁ あまり出番がなくなったけど) を追いかけるのに都合よいんですね。

Kodi のアップデートチャンネルを選択できるんですね。

screenshot-2016-0824-203947.resized
AppStarter の Kodi のアップデートポリシー

Ubuntu だとアップグレードのたびにリポジトリを追加して追いかけないといけませんが、これならチャンネルを選んでおいて時々アップデートをチェックするだけでいいのでラクなんです。

screenshot-2016-0824-204017.resized
Beta and RC を選択してます

結構前からベータ版を追いかけながら使ってるので便利ですね。

で、 Kodi v17.0 “Krypton” beta にアップデートしたらですね。見た目がガラッと変わっていて驚いたのです。

スプラッシュ画面
スプラッシュ画面

今までこんな感じのスプラッシュあったかな?

起動直後
起動直後

スキンがガラッと変わってますよ! ライブラリ化してないので何も表示されてませんが・・・

設定画面
設定画面

これまでのスキンは長らく、「スキンだぞ! ドヤッ!」って感じでしたが、非常にすっきりしてます。そして、わかりやすくて、しかも、 Fire TV (Stick) のリモコンでも使いやすい。

インストール済みの Androidアプリが起動できる
インストール済みの Androidアプリが起動できる

アドオンを開いて下にスクロールすると “Android apps” の項目があり、インストールしてあるアプリを起動でるようになっていました。まぁ、すべてではないようです。

便利かと思いましたが、アドオンタブ開いて起動するのもリモコンのホームボタンで2回押しでアプリランチャー起動するもあんまり変わらないかなぁと。

タブレットとかで Kodi メインに使ってたらメリットあるのかな?

今回は主に見た目がガラッと変わって驚いたというお話で、あまり中身がありません・・・。せっかくなので使おうとは思うんですが、イマイチ使いドコロがないというのがボクの現状です。